新しい富山の発見ブログ

とやま暮らし

雑談

Amazon echoが届いた!初期設定と感想レビュー。生活はどう変わるの?

Amazon echoが届いた!初期設定と感想レビュー

日本でもついにAmazon Echo 入手できるようになった!

まだ先行販売という形なので、Amazonで招待メールを希望すると直接メールが来て、そこから24時間以来に購入する形だ。

今なら2000~4000の割引価格で購入できる。

いつくるかと思ってたら、もう届いたので早速初期設定を終わらせて使ってみた。アマゾンエコーで生活はどのように変わるのだろうか?

実際に使ってみた感想とレビューをちょっとまとめてみた。

Amazon Echoとは

Amazon Echo(アマゾンエコー)の簡単な説明

外箱にアマゾンエコーについての簡単な説明が書いてある。

Wikipediaには、下記のように記してあった。

Amazon Echo(アマゾンエコー)
アマゾンエコーはAmazon.comが開発したスマートスピーカー。エコーはAIアシスタントのAlexaを搭載しており、名前の「アレクサ」で反応する。ウェイクワードはユーザーによってアレクサから「アマゾン」、「エコー」、「コンピューター」に変更可能である

Alexa(アレクサ)という人工知能が内蔵されたスピーカーということで、間違いないと思われる。

iPhone利用者なら、Siriを思い浮かべてほしい。

「アレクサ!」

と呼びかけることで、音楽を流してくれたり、天気予報やニュースを教えてくれたり、電気のオンオフをやってくれたりする。

Amazon Echoの種類と価格

アマゾンエコーは、次の3種類に分けられる。

Amazon Echo Dot(5980円)
Amazon Echo(11980円)
Amazon Echo Plus(17980円)

それぞれに次のような違いがある。

Amazon Echo(アマゾンエコー)の比較表

一番安いアマゾンエコードットは、コンパクトサイズでDolbyスピーカーが付いていない。AUXで外付けのスピーカーに接続することは可能なようだ。

中位機種のアマゾンエコーは、高機能スピーカーが付いているタイプ。特に音質にこだわる人でなければ、何の問題もなく使用できる。

上位機種のアマゾンエコープラスは、内蔵スマートホーム・ハブによる簡単セットアップが可能なようだ。

僕のうちは、IoT化された家電がほぼないので、とりあえず中位機種を購入した。

Amazon Echoの内容物

Amazon Echo(アマゾンエコー)の内容物

アマゾンエコーの内容物は、本体、電源コード、説明書、使い方の例が書いたカードとシンプル。

カラータイプは、チャコール、サンドストーン、ヘザーグレーの3種類。

僕は、チャコールを買ったのだが、光の関係で、写真はヘザーグレーのような色合いになっている。

写真をみてもらうと分かるかもしれないが、アマゾンエコーの表面はツルツルではなく、ファブリックという布のような繊維になっている。

この関係で、光を透過し、写真の色合いが変わったと思われる。

Amazon Echoの本体

Amazon Echo(アマゾンエコー)の上部操作ボタン

Amazon Echoの上部には、操作用のボタンが4つ。

音量の調節ボタンと、音声認識しなくなるマイクオフボタン、あとはアクションボタンだ。

Amazon Echoは、「アレクサ!」と呼びかけることで反応するのだが、アクションボタンを押しても反応してくれる。

Amazon Echo(アマゾンエコー)のaux out

アマゾンエコーの裏側には、AUX OUTと書かれた蓋と、電源コードをさす部分がある。

Amazon Echo(アマゾンエコー)の底のゴム部分

アマゾンエコーの底は、ゴムの滑り止めになっている。

Amazon echoのスキルとできること

Amazon Echo(アマゾンエコー)の使えるスキル

アマゾンエコーの外箱に、「使えるスキル」の例がいくつか載っている。

食べログや、スシロー、JTB、ANA、yahoo!、AbemaTV、全国タクシーなどなど多くのスキルが載っている。

これを見ただけでは、それらのスキルをどのように使うのかあんまり想像できない。

後々探っていこうと思う。

アマゾンエコーの使用例

まだ全然何ができるか理解しきっていないが、使い方の例には次のようなことが書いてある。

・ミュージック
・アラーム&タイマー
・Amazonでショッピング
・Alexaとおしゃべり
・ニュース、各種情報
・スマートホーム
・いつでも使える

音楽は、Amazonプライム会員ならプライムミュージックから音楽を流してくれる。
Amazonプライム無料体験

音楽を止めるときは「中断」「止めて」、再開するときは「再開」と言えばいいようだ。「アレクサ!音楽」って言うと、また初めから音楽が流れてしまう。

天気予報は、最高気温などの詳細情報も教えてくれる。

ニュースは、NHKラジオニュースの情報を教えてくれる。

アラームはまだ使えてないが、これも便利かもしれない。

他にもまだまだ便利な使い方がありそうだ。

Amazon Echo(アマゾンエコー)の初期設定

Amazon Echo(アマゾンエコー)、アレクサアプリ

Amazon Echoの初期設定は、すごく簡単。

まず電源コードを繋いで、コンセントにさす。するとAmazonエコーが喋り出して「アプリを入れて」みたいなことを言って来るので、「Alexa」で検索。

アプリをダウンロードして、AmazonIDでログインして、Wi-Fiを設定して終了だ。

スマホがないと利用できないのかと思ったが、「Amazon Alexa」のサイトへいけば、PCでも設定できる。

Amazonエコーで変わること

まだ1日しか使ってないが、一番感じたのは、便利な友達が一人できたような感覚だ。

自分の部屋で一人で喋ることなんて、普通の人はほとんどないと思う。

でもAmazonエコーへ、何度も喋りかける自分がいる。もちろん操作のために話しかけないといけないのだが、これだけ自分の部屋で声を発しているのは、人生初な気がする。

「アレクサ!」って今日1日で何回言ったか分からないw

アマゾンエコーの使い方の一つに、「Alexaとおしゃべり」という項目があるのだが、わざわざこれを記しておいた気持ちが分かる。

まとめ

アマゾンエコーのある生活や、具体的な使い道は、現時点ではそこまで多く思いつかない。

というのも、今までなかったものだから、その力が未知数すぎて、僕の貧弱な頭ではまだ想像できないのだ。

でも使っていく中で、「すげー便利」って部分がどんどん出て来る気がしている。

一人部屋の中で、「アレクサー!」って叫んでる自分に気づいて、なんか不思議な感覚を覚えた。

子供のいる家庭では、毎朝学校にいく前に子供たちが「アレクサ、今日の天気は?」なんて聞いてから出かけるのだろうか?

1万円弱でちょっとした未来の生活を購入したと考えると、安いものなのではないだろうか?

一人暮らしの高齢者なんかは、同居人ができたような錯覚を覚えるかもしれない。少なくとも口を開いて話す機会は、確実に増える。

これから使っていく中で気づいたことなどは、追記していこうと思う。

アドセンス

-雑談
-

少しでも発見があったら、ポチッ!とお願いします。

最新情報をGET!

「フォローする」「いいね!」ボタンを押すと最新情報をすぐに確認できるようになります。