新しい富山の発見ブログ

とやま暮らし

富山のお得情報

「Cyclocityシクロシティ」使ったことある?富山市観光に便利なレンタサイクル!

2017/01/17

Cyclocityシクロシティ

・いちいち駐車場を探すのがめんどくさい。
・ふと気になった場所をゆっくり見たい。
・駅から会社までが歩くには微妙な距離がある。

富山市中心街を観光したい場合、市電やライトレールだと降りてから結構歩かないと行けなかったり、車でまわろうとしても駐車場から結構歩かないといけなかったりと、市街地の観光は、意外と不便だったりする。

また勤務地が富山市中心街の場合、公共交通機関の駅から会社が微妙に遠いと歩くのが大変だったりする。

そんな時は、富山のレンタサイクル「シクロシティ(Cyclocity)」が意外と便利だ!

シクロシティ(Cyclocity)とは

Cyclocityシクロシティのターミナル

シクロシティ(cyclocity)は、富山市の中心地で利用出来るレンタサイクルの名前だ。

おそらく「cycle」と「city」を合わせてシクロシティ(Cyclocity)になったと思われる。

僕が他の都道府県で利用したことがあるレンタサイクルは、基本的には誰か人がいてそこで現金を払って利用するというアナログなもの。

しかし富山はハイテクなので、無人で借りることができる。シクロシティを借りる場所は「ステーション」と呼ばれており、無人で借りるための機器「ターミナル」が設置してある。

そしてシクロシティが一般的なレンタサイクルと違うのは、借りた場所に返さなくてもいいということだ。レンタカーでいう「乗り捨て」。

基本的には約300m間隔で設けられた20カ所のステーションであれば、どこで借りてもいいし、どこに返してもいい。しかもパスを持っていれば、30分以内の利用であれば何回借りてもただなのだ。

だがその利用方法と料金体系などが結構わかりづらい。

このシクロシティは、どうやらフランスのレンタサイクル「ヴェリブ」を参考に作られたようだが、サポートの時間帯や、年齢制限など不便な面も多々あるのが現状。

注意点や料金のことなどをまとめたので、使用前に一度目を通してチェックしてほしい。

シクロシティの料金システム

シクロシティの料金は、基本料金と利用料金に分けられる。

人を使った貸自転車に慣れている僕たちにとって、ここが少しわかりにくい部分だと思う。

普通は「1時間いくら」という感じでお金を支払うが、シクロシティは借りるための料金と、利用時間による料金が分かれているのだ。

基本料金
利用するために必ず必要な料金

利用料金
利用時間によって追加で支払う料金

基本料金の部分は「〇〇パス」と呼ばれており、パスを持っていれば自転車を借りてから30分であれは、無料で何回でも自転車を利用出来る。

1日パスって聞くと、普通は1日乗り放題パスだと思うがそうではないので注意しよう!

基本料金

シクロシティパスの料金は、大きく分けて4種類に分けられる。

種類 料金 支払い方法
1日パス 300+保証金700 現金のみ
2日パス 500 クレジットカードのみ
7日パス 1000 クレジットカードのみ
定期パス 6000(8400)年間  クレジットカードor口座振替

【1日パス】

1日パスは、シクロシティのサイトでは購入できない。下記の「1日パス取扱施設リスト」に示す富山市内宿泊施設や駐車場、富山駅前CICなどの施設で直接料金を支払う必要がある。保証金は返却時に返ってくる。

【2日パス・7日パス】

2日・7日パスは、シクロシティのサイトから登録してクレジットカードで支払いをする。

利用時間は、その登録の時に設定した日時からになる。トータルの利用時間ではなく、指定した日時から連続した2日または7日になる。

2日・7日パスは、何かカードが送られてくるのではなく、サイトで登録後にIDなどが記載されたメールが送られてくるので、それをターミナルで入力して利用する形になる。

【定期パス】

定期パスの料金が2種類あるのは、えこまいか・パスカにシクロシティの定期をつける場合と、そうでない場合があるからだ。

富山ライトレールのICカードが「えこまいか」、富山地方鉄道のICカードが「パスカ(passca)」。それにシクロシティの定期パスを付加すると、発行の手間がないので、2400円分安く利用出来る。

それらのICカードがない場合は、メンバーカードが発行されて8400円かかることになる。

そして定期パスが「年間」と書いてあるのは、最低利用期間が12ヶ月だからだ。パスの料金は毎月500(700)円なのだが、12ヶ月以内に解約すると違約金が発生して残りの月数分の支払いが発生する。

口座振替の場合は、一括で1年分の料金を支払う形になる。しかも口座振替の場合はサービス開始まで60〜90日かかるw

また定期パスを「メンバーカード」で利用する場合は、2日・7日パスのように即日使えるわけではないので注意が必要だ。富山県内であれば3〜4日後にメンバーカードが郵送されてくるので、それが届いてからの利用になる。

利用料金

最初の30分 無料
31〜60分 200
それ以降30分ごとに 500

シクロシティは、基本的に長時間利用してもらうことを考えていない。

富山市中心地にあるステーションは、20カ所(2017年1月現在)。それぞれのステーションは近いので、シクロシティで移動してステーションに返却を繰り返しながら利用することを想定している。

よって長時間利用すると必然的に高くなる料金設定だ。最悪でも60分以内の利用にしよう。

その他の料金

シクロシティを壊したり盗まれたりした場合には、もちろん上記の料金以外にお金が発生する。

・24時間以内に返却されない・・25000
・自転車の紛失・・25000
・自転車の損害&修理・・損害に応じて
・解錠出張料・・2000
・ワイヤーロックの鍵交換・・1000
・メンバーカード再発行・・1000

シクロシティの利用方法

借り方

1.利用する自転車に故障などがないかチェック
2.パスを自転車の横にあるラックにかざす
3.自転車を引き抜いて利用する

返し方

ラックのロックに自転車をそのまま返却。ピピッとなったら返却完了。スタンドは立てなくてOK!

もし返却用のラックが空いてない場合は、カードリーダーにカードをかざすと利用時間が15分延長される。空きのある他のターミナルを探そうw

もっと詳細な説明を知りたい場合は、『シクロシティの利用方法』を参照

シクロシティ、ステーションマップ

シクロシティ、ステーションマップ

シクロシティターミナル

1.環水公園東
2.富山駅北
3.富山駅南(1)
4.富山駅南(2)
5.桜橋通り
6.富山市役所
7.北新町1丁目
8.本町
9.城址公園東
10.丸の内
11.大手町
12.新町
13.旅籠町
14.西町
15.堤町通り
16.富山県庁前公園
17.環水公園西
18.富山大学前
19.南口駅前広場
20.水墨美術館

1日パス取扱施設リスト

施設 電話番号
1.とやま自遊館 076-444-2100
2.オークスカナルパークホテル富山 076-432-2000
3.コンセプトホテル和休 076-433-3830
4.富山地鉄ホテル 076-442-6611
5.アパホテル富山駅前 076-444-5111
6.ホテルアルファーワン富山駅前 076-433-6000
7.ウィークリー翔ホテル富山 076-433-8888
8.ホテル祥園 076-441-3808
9.ホテルリラックスイン 076-444-1010
10.パレブラン高志会館 076-441-2255
11.ホテルプライム富山 076-441-5050
12.ホテルグランテラス富山 076-431-2211
13.ホテルクラウンヒルズ富山 076-439-2311
14.ホテルパークイン富山  076-441-8900
15.富山第一ホテル 076-442-4411
16.きよた旅館 076-432-9131
17.ANAクラウンプラザホテル富山 076-495-1111
18.ダイワロイネットホテル富山 076-420-0055
19.ホテルアルファーワン富山荒町  076-421-2200
20.ビジネス旅館&ホテル雪見荘  076-425-3782
21.富山市営富山駅北駐車場 076-431-8166
22.富山市営桜町駐車場 076-433-0004
23.JA駅前パーキング 076-431-3221
24.富山市営城址公園駐車場 076-441-8001
25.富山市営総曲輪駐車場 076-422-5733
26.CICインフォメーション 076-444-7013
ビジネスホテル立山(宿泊者限定) 076-432-1010
ホテル立山アネックス(宿泊者限定) 076-432-3521

26.CICインフォメーション以外は24時間対応しているので、時間はそこまで気にする必要はない。

観光で富山に来ている場合は、近場のホテルで1日パスを購入してシクロシティを利用するのがいいだろう。

シクロシティを利用して行ける観光地・施設

・環水公園
・スターバックスコーヒー富山環水公園店
・富山駅
・富山マルシェ
・オーバードホール
・富山城
・富山城址公園
・総曲輪通り
・中央通り
・西町商店街
・富山大和
・国際会議場
・富山市民プラザ
・五福公園
・富山県庁
・富山市役所
・富山県民会館
・水墨美術館
・富山大学
・TOYAMAキラリ

ざっくりと思いつく限り挙げてみたが、細かいところであればもっとあるだろう。

目的の場所の近くのステーションを確認してから行くことをおすすめする。

問い合わせ先

シクロシティのサイト

問い合わせ先
TEL:0120-979-496(土日祝日除く10:00~17:00)
メール:info@cyclocity.co.jp

シクロシティの良い点

シクロシティは、目的地の近くにステーションがあるなら歩かなくていいので便利だ。

市電などは待ち時間などが発生するし、いちいちお金を払わなければいけない。自転車で動けば、時間の制限がない。

天気がいいときなどは気持ちいいし、自転車の利用は二酸化炭素削減になり、地球環境にも良い。

シクロシティの問題点

15歳以上じゃないと使えない
利用規約に15歳以上と書かれており、小さい子供は利用できない。大人サイズしかないためとのことだが、小さなお子様連れの家族は利用できない。

利用するのが面倒くさそうに見える
だが基本的に観光で利用する人の場合は、上記の「1日パス取扱施設リスト」にあるホテルなどで、現金で料金を支払ってしまえば特に面倒なことはない。

ゆっくり寄り道ができない
ステーションまでとりあえず向かって自転車を停めて、周辺の散策というのがシクロシティのスタイルだ。だが自転車に乗っているときに気になる場所も出てくるだろう。だが30分以上利用すると200円かかってしまう。市電に1回乗るのと同じ料金だ。なんだか損した気分になる。

返却時に空きラックがなかったら最悪
返却するときにラックに空きがなかった場合、カードリーダーにパスをかざすと利用時間が15分延長される。しかし他のターミナルまでまた移動しないといけない。せっかく行きたい場所の近くのターミナルに来たのにも関わらずだ...。団体の利用がない限りこんな事態はほとんど起こらないとのことだが、もしこんな事態が起こったら最悪すぎる...

土日祝の問い合わせができない
シクロシティは、基本的には観光客向けのレンタサイクルだ。観光客がレンタサイクルを利用するのは土日祝日だ。しかしシクロシティの問い合わせ先は、土日祝日休み。もし何かあった場合は、留守番電話につながり「営業日に折り返します」とのアナウンスが流れる。これはさすがにマズイでしょ富山市...

まとめ

シクロシティ(cyclocity)は、富山市中心地で利用するレンタサイクル。

1日パスは、「1日パス取扱施設リスト」にある、富山中心市街地約30ヶ所施設で購入することが可能。保証金が返ってくることを考えると、1回30分以内の利用なら1日300円で何回でも自転車が利用できる。

短期間で富山中心市街地を色々と見たい観光客にはピッタリのレンタサイクルだ。

ただ土日祝の電話での問い合わせができないので、万が一のトラブルが起きたときには大変困るというリスクがある。

また自分の行きたい場所とターミナルの場所の把握が必要になる。事前に情報を調べて、ある程度の土地勘を持っておかないとスムースに利用するのは難しいような気がする。

行き当たりばったりで利用するにはちょっとハードルが高いし、15歳未満は利用できないなど利用できる人は結構限定される。富山市の観光客向けサービスとして改善しないといけない部分が多々あるように感じる。

しかし現状では15歳以上で、事前にしっかりと準備さえしておけば便利なサービスなので、ぜひ有効に使って欲しい。

アドセンス

-富山のお得情報
-

少しでも発見があったら、ポチッ!とお願いします。

最新情報をGET!

「フォローする」「いいね!」ボタンを押すと最新情報をすぐに確認できるようになります。