富山のイベントまとめブログ

とやま暮らしイベント

射水市 県民公園太閤山ランド 祭り

第33回「太閤山の左義長まつり」30年以上続く富山の正月の伝統行事!

終了イベント

2018/01/04

第33回「太閤山の左義長まつり」30年以上続く富山の正月の伝統行事!

左義長(さぎちょう)って聞いたことがあるだろうか?

子供の頃はよく聞いていた気がするが、久しぶりに目にして、親と一緒に書初めなどを燃やしに行った昔を思い出した。

射水市太閤山ランドで行われる左義長まつりは、今年で33回目。

左義長まつりのイベントについて、ちょっとまとめてみた。

左義長(さぎちょう)とは

小正月に、松の内で役目を終えた正月の締め飾りや門松、旧年のお札やお守り、書初めなどを焚き上げる火祭り。無病息災、学業成就、家内安全を願う行事だ。

太閤山ランドで行われる左義長まつりは、昭和52年に太閤山の自治体が地域のイベントとして始まった。それが現在までの32年間続いている。それだけ続いているともう、正月の伝統行事である。これが終わって初めて、新年への気持ちに切り替わるという人も多くいることだろう。

イベント内容

11:00〜 神事
11:20頃 点火

神主による御神火の点火によって左義長まつりが始まる。

点火から14:30までは火が燃えている状態だが、持ち込みの受付は14:00までなので時間には気をつけよう。

放水体験

地元消防団員の指導の元、放水の体験をすることができる。小さい頃、小学校のイベントか何かで体験したことがあるが、水の勢いで体が後ろにもっていかれそうになる感覚が面白い。

子供たちにとっては楽しい体験になるのではないだろうか?

飲食コーナー

太閤山の左義長まつりでは、簡単な飲食コーナーも設けられる。

ラーメンは500円、おしるこは200円と手ごろな価格で温まる食べ物が食べられる。左義長の火を眺めながら食べるおしるこは、感慨深い。

風邪などひかないように、食べ物で内側から身体を温めてほしい。

注意事項

基本的に左義長に持ち込めるものは、しめ飾りや門松、お札、お守り、書初めだ。

それ以外のプラスチックやビニールなどは持ち込んではいけない。チラシに餅や干し柿、みかんなどが持ち込み禁止として書いてあるのは、ちょっと面白い。

過去に持ち込んだ人がいて、問題になったのだろうw

運営している人は、ルールを破る数人のためにかなり迷惑を被ることになるのでしっかり守ろう。新年初めからルールを破り人様に迷惑をかけると、あんまりいい一年にならなそうだし...。

太閤山ランド内の開催場所

太閤山ランドの左義長まつりは、野外劇場前の広場で行われる。

駐車場の入り口からずっとまっすぐ進み、一段降りた駐車場に車を停めると、野外劇場まで一番近い。

この時期は太閤山ランドの駐車場が無料になるので、気軽に立ち寄ることができる。

しかし、ポスターにも書いてあるように混雑が予想される。富山県民は、想像以上に左義長まつりに参加する傾向がある。

近隣の方で、燃やすものを手で持てる場合は歩いて行くのもいいかもしれない。

不安な方は、『太閤山ランドの園内施設マップ』で事前に場所を確認してから行こう。

昨年2017年の左義長まつりのチラシ

太閤山の左義長まつり2017

まとめ

太閤山ランドの左義長まつり。

キャンプファイヤーでもなければ、あれだけの大きい火を目にすることも珍しい。旧年のものを燃やして新たな年のスタートを切ろう!

1/13(土)には、『とやま左義長まつり』もあるので、そちらもチェックしておこう。

 イベント詳細

日程 1/8(祝月)
時間 10:30~14:30(受付は14:00まで)
場所 県民公園太閤山ランド野外劇場前
住所 939-0311 富山県射水市黒河4774-6
問合せ先 太閤山ランド:0766-56-6116
サイト 第33回「太閤山の左義長まつり」30年以上続く富山の正月の伝統行事!

Googleマップで開く

-射水市, 県民公園太閤山ランド, 祭り
-,

このイベントを友達と共有しよう!

最新情報をGET!

「フォローする」「いいね!」ボタンを押すと
最新情報をすぐに確認できるようになります。