新しい富山の発見ブログ

とやま暮らし

富山のグルメ

「肉の神戸屋 神明店」涙コロッケと元気なおばちゃんに心温まるオススメ店!

2017/11/22

「肉の神戸屋 神明店」の揚げたて涙コロッケ

コロッケといえば、神戸屋!

中学生の頃から通っていた肉の神戸屋神明店の紹介を忘れてた...。

他の神戸屋は行った記憶がないけど、神戸屋神明店は、店構えの雰囲気や店の人の雰囲気が良くてお気に入り。

名物涙コロッケは、ほんのりした甘みでめっちゃ美味い!

カウンター越しに注文を待ってるおばちゃんの笑顔が、なんか癒される☆あのおばちゃん、僕が中学のときからずっといるけど、何歳なんやろw

神戸屋神明店はちょっと分かりにくい場所にあって、地元民でなければ知ってる人があんまりいない。

神戸屋神明店は、ちょっと小腹が空いたときや、夜のメニューに困ったとき、料理がめんどくさいとき、お盆や正月のオードブルなど、結構利用する場面は多い。

神戸屋神明店について、ちょっとまとめてみた。

肉の神戸屋神明店の揚げ物

「肉の神戸屋 神明店」の涙コロッケ

肉の神戸屋なんだけど、中学生の頃はお金がないから手軽に買える揚げ物を食べていた。

その記憶があるから、神戸屋=揚げ物の印象が強い。

「肉の神戸屋 神明店」の揚げ物コーナー

肉の神戸屋神明店は、注文を受けてから目の前でおばちゃんが揚げてくれる。

だから、いつも揚げたてアツアツを食べられる。

常連は注文と到着時間を事前に電話で伝えておいて、到着後待ち時間なしで受け取って帰っていく。

僕は注文して待ってる時間も結構好きなので、電話はしない。

目の前で揚げてるおばちゃんを見てんのや、匂いを感じるのも楽しいと思う。

今日は、おばちゃんが偶然割れたコロッケをくれた。おかげで小腹を満たすために来たのに、腹一杯w

肉の神戸屋神明店の揚げ物メニュー

「肉の神戸屋 神明店」の揚げ物メニュー

「肉の神戸屋 神明店」の揚げ物メニューは、かなりバラエティに富んでいる。

昔は唐揚げとか4種類くらいしかなかったのに、めちゃくちゃ増えてるw 〇〇巻きのメニューもかなりの種類がある。

料金は、大阪屋なんかと比べると割高なんだけど、こっちの方が揚げたてアツアツだし断然美味い。

コロッケやハムフライは、昔は50円だったんだけど、時代の流れによる値上げは仕方がないんだろうなぁ...。

「肉の神戸屋 神明店」の揚げ物カウンター

揚げる前のコロッケなどが、陳列コーナーに並んでいる。

このカウンター越しに、おばちゃんがめっちゃいい笑顔で注文を待ってる。久しぶりに見ると、なんかすげー可愛らしいw

こんな世の中だからか、その笑顔ですごく心が温まるのを感じる。

手書きメモにメニューを書いて、計算もその場でするので、たまに間違うのも愛嬌w

肉の神戸屋神明店の揚げ物オススメ

「肉の神戸屋 神明店」の揚げ物持ち帰り

「肉の神戸屋 神明店」の揚げ物メニューでオススメは、涙コロッケ、ハムフライ、ささみチーズカツ、メンチカツ、串カツ、コーンクリームコロッケといった所だろうか。

まぁ、オススメといっても昔から買ってた好きなメニューなので、新しいメニューについてはまだよく分かんない...。

でも僕が中学の頃からずっとある定番メニューだから、間違いはないと思う。

どれか一つと言われれば、涙コロッケになる。

涙コロッケとあるけど、辛くて涙が出るとかじゃなく、普通のコロッケなので安心してほしい。

多分「涙が出るほど美味しい」とかそういった意味合いだと思われる。昔は普通の「コロッケ」だった。

「肉の神戸屋 神明店」の包み紙

持ち帰りのときは、トレーに油吸収シートを敷いて、精肉の神戸屋の包み紙に包んでくれる。

肉の神戸屋神明店の店内

「肉の神戸屋 神明店」の店舗外観

肉の神戸屋神明店の外観はこんな感じ。

記憶が曖昧だけど、店舗前にこんな白線のしきりはなかったような気がする。

「肉の神戸屋 神明店」の精肉コーナー

「肉の神戸屋」なので、もちろん精肉コーナーもある。

たまにステーキを買ったりするんだけど、安定の美味さ。

「肉の神戸屋 神明店」の食料品コーナー

肉の神戸屋神明店は、肉だけを扱う訳ではなく、調味料やレトルト、インスタント食品も扱っている。

「肉の神戸屋 神明店」の惣菜コーナー

そのほかにちょっとした惣菜や、野菜なんかも置いてある。

地元密着の店で、地元の主婦やおばちゃん達、仕事帰りによる人など、結構常連が多いと思われる。

僕が行った日も次々とお客さんが入って来て、狭い店内がちょっとした密集地帯になっていた。

お客同士も知り合いだったりして、世間話が始まったりする。

肉の神戸屋神明店の駐車場

神戸屋神明店の駐車場

神戸屋神明店の駐車場は、店舗の目の前と隣。

店舗前に2~3台、隣の駐車場には3~4台停めることができる。

ただし駐車場が狭くて、結構停めにくい...。目の前の道は、意外と交通量が多くてちょっと怖い。自転車などで行くなら全く問題ないのだが、夜や車が混み合う時間帯は行くのをちょっとためらってしまうレベル...。

車社会の富山県では、やっぱり駐車場は大事なのを実感する。

肉の神戸屋神明店へのアクセス

肉の神戸屋 神明店は、大通りにある訳ではなく、結構マイナーな所にある。

そのためか地元民以外には、その存在すら知られていないことが多い。

下の地図を見てもらえば分かるが、有沢橋から婦中へ向かう途中の道にあるのだが、この道自体あんまり通る人が多くないと思われる。

肉の神戸屋 神明店

住所:富山県富山市羽根5-3
営業時間:10:30~17:00
定休日:月曜日
駐車場:5~7台ほど
TEL076-421-8629

まとめ

肉の神戸屋神明店は、懐かしの店という主観がかなり入っているかもしれないが、かなり美味しいと思う。

値上がりしたといっても、揚げ物3~4個で2~300円なら全然リーズナブルなんじゃないだろうか?

名物涙コロッケも、ここまで甘いコロッケはあんまりない。ジャガイモのホクホク感も感じられるので一度は食べてみてほしい。

そして、ちょっとした調味料や惣菜、野菜なども販売し、神戸屋神明店にくればある程度の買い物が済む。これは付近の高齢者にとっては、とてもありがたいことなのではないだろうか?

神戸屋神明店にいった際は、地域密着の地元店の雰囲気も是非とも感じてみてほしい。

でも、駐車場が狭いのでくれぐれも事故には気をつけて☆

アドセンス

-富山のグルメ

少しでも発見があったら、ポチッ!とお願いします。

最新情報をGET!

「フォローする」「いいね!」ボタンを押すと最新情報をすぐに確認できるようになります。