新しい富山の発見ブログ

とやま暮らし

ノウハウ

【素人がハマる注意点】壊れたシャワーホースの交換方法と手順、必要な道具は?

壊れたシャワーホースを自分で交換!方法と必要な道具と注意点は?

シャワーを使っていたら、突然ホースが破れた!!!

よく考えれば、何年交換していないかもはや記憶にない...。これは壊れても仕方ない、むしろよく今まで持ってくれたもんだ。

さぁ、どうしようか...

業者にお願いするか、自分で直すか。

お金もないし、そこまで複雑な構造ではないようなので、勉強がてら自分で直すことにした。

結論からいうと、
無事に自分でシャワーホースを交換することができたが、初めてでつまづいた部分が結構あった。

実際に陥った困りごとや、シャワーホースの交換手順をまとめたので、交換に挑戦する人はぜひ参考にしてほしい。

DIYとプロにお願いした時の料金は?

まず気になるのは、どれくらいお金がかかるかということだと思う。

実際に自分で直してかかった費用は、新しいシャワーホースや道具代など含めて3000円ほどだ。道具を持って入れば、さらに1000円ほど安く直せる。

プロにお願いすると、ネットで調べた限り、10000円以上はかかるらしい。

その差は7000円ほど。
自分で直す場合、料金は安くつくがその分様々な手間がかかる。めんどくさいのが嫌な人はプロにお願いしてしまった方がいい。

プロにお任せする場合は、
水道救急センター

シャワーホース交換の主な流れ

シャワーホースを自分で交換する時の流れは、大まかに次の通り。

1.シャワーヘッドを取り外す
2.シャワーホースを水道蛇口から外す
3.新しいシャワーホースを取り付ける

流れだけ見ると、シャワーホースの交換はめっちゃ簡単に見える。

でも色々な想定外が起こり、想像の10倍くらい大変やった!!

シャワーホース交換時にハマった注意点

大まかな流れを調べて、これは自分でもできると思ったがハマったポイントが3つあった。

・どこで取り外すか分からない
・蛇口のネジのサイズが分からない
・錆びててネジが回らない

水道については、全くのド素人。

シャワーホースがどこの部分で取り外せるかなんか知ってるはずがない。さらに、交換用のシャワーホースを購入しようと思っても、そのネジサイズが分からない...。

取りかかる前に、その二つの情報のなさに困った。

そして、実際に取りかかってみて分かったのが、錆びててネジが回んないってことだ...。これは想定外だったので一番困った。

僕のように初めて自分でシャワーホースを交換するって人は、注意して欲しい。

シャワーホースの交換方法

それでは、自分でシャワーホースを交換する手順を説明していく。

交換のための道具を揃える

まずは、必要な道具を揃えなければいけない。

とりあえず必要なのは、ウォーターポンププライヤーorモンキーレンチ

僕のように錆びてネジが回らない場合は、別途錆び落としも必要になってくる。

ウォーターポンププライヤーなるものの存在を初めて知ったのだが、ネットで安い1000円弱のものを購入した。

ウォーターポンププライヤー

これが購入したもの。

モンキーレンチでは、サイズが合わずにネジを回すことが出来なかった...。

モンキーレンチで回せればプライヤーは必要ないが、プライヤーの方がネジをガッチリとホールドするので力が入りやすい。

ウォーターポンププライヤーのサイズ調整

ウォーターポンププライヤーは、ネジのサイズによって写真のように結構柔軟にサイズ調整ができる。

最初、調整できることを知らなかったので「またネジに合わんやん!」ってなったけど、無事解決したw

新しいシャワーホースを購入する

さらに必要なのが、交換用の新しいシャワーホース。

ネットで調べると安いのも結構あったんだけど、一番困ったのが、

ネジのサイズが分からへん!!
ってこと...。

「蛇口 ネジ サイズ」みたいに検索すると、一覧表みたいなのが出てくるんだけど、そもそもの見方が分からん...。

そこで購入したのが、ほぼどんなサイズのネジにも対応するシャワーホース!

様々なタイプに対応できるアタッチメントがついているので、おそらくあなたの家庭の蛇口のネジにもハマるはず。

「カクダイ シャワーホース 取付簡単 ほとんどのメーカーに対応」

「カクダイ シャワーホース 取付簡単 ほとんどのメーカーに対応」の商品説明

実際にアタッチメントを使わないと、蛇口にハマらなかったので、ちょっと高めだったけど買ってよかった。

高めといっても、2000円弱。

今になって思えば、このタイプのねじれないホースがもしあればベストだったかもしれないが...。

シャワーヘッドを取り外す

交換用のシャワーホースや道具が揃ったら、いよいよ実際の交換に取り掛かる。

まずはシャワーヘッドを取り外すところから。

シャワーヘッド取り外し

シャワーヘッドを取り外すには、ホースとヘッドを持って、ヘッドをクルクルと反時計まわりに回転させればOK!

ヘッドが取れる位置は、写真の通りなので知っておこう。最初、銀色とホースの部分で取れると思ってたけど違ってた...。

ホースを蛇口から取り外す

お次は、ホースの根元を水道の蛇口から取り外す。ここが一番手間取った部分。

シャワーホース交換時に回す水道蛇口のネジ

本来であれば、写真の赤丸の部分をウォーターポンププライヤーで回せばOK!

ただし、僕の場合は錆びてて全く回らなかった...。回すネジが間違ってるのかと疑心暗鬼にもなった...。元の形を知らない初心者は、正解が分かんないので僕と同じような状態に陥るかも!

錆びてさえいなければこの赤丸部分のネジが回るので、そこは疑わずに思いっきり回そう。回す方向は、時計と反対まわり。

でも、我が家のような昔のタイプだと、壁に接近しすぎていてかなり回しづらい。大きいプライヤーだと、回転させられない可能性もある。

シャワーホース交換時の元の水道蛇口のネジ

僕の場合は、どうしても本来取り外すネジが回らなかったので、もう一個元栓に近い部分から取り外すことにした。

シャワーホース交換時の元の水道蛇口のネジが取れた所

無事取り外し完了。

シャワーホース内の水

取り外すと、シャワーホース内に溜まっていた水が出てきて、ちょっと焦るけど問題ない!

あとは、この状態から本来回すべきだったネジを回せばゴールが見える。

力づくで、バルブを回しているところ。

マジで回らなかったので、外に移動して、モンキーレンチで抑えながらウォーターポンププライヤーでガチ回ししてみた。

それでも回らない...。

これは、やっぱりプロに頼んでおけばよかったパターンかフラグが頭をよぎった...。

色々重なって、サビ落としが頭から抜けていたので、「KURE 5-56」を吹き付けて1分ほど時間をおいて最後の願いを託す!

取れたー!!

サビ落としの力をこれほど実感したことはないw

水道バルブがようやく取れた!

あとは、無事取れば蛇口のネジに、シャワーホースを取り付ければ完了だ!

そのままではネジサイズが合わなかったので、付属のアタッチメントを使用。ゴムパッキンをかませることをお忘れなく☆

交換用の新しいシャワーホース

ここまでくれば、それぞれの端にシャワーヘッドと蛇口を取り付ければOK!

シャワーホースを蛇口に設置

水道の蛇口に設置完了!

かなりのトラブルに見舞われながらも、無事に破れたシャワーホースを自分で交換することができた☆

自分でシャワーホースを交換してみた感想

水道って、ど素人が触るにはちょっと怖い部分。

今回は思い切って挑戦してみたけど、力や知識が必要な部分が結構多かった。

でも、次同じことをやるときは、数倍スムースにできる自信がある。プロに頼むことも大事だけど、DIYしてみると分かることも沢山ある。

想像の10倍大変だったけど、とりあえず問題なく交換できたし、挑戦してみて良かった。

まとめ

人生初のシャワーホースの交換。

なにごとも初体験のときは、様々なトラブルに見舞われるものですね。

実際にシャワーホースを交換してみたが、このような作業が苦手、もしくは嫌いな人は、プロに頼んだ方が無難だと思った。

僕も蛇口のネジが回ったから良かったけど、回らんかったら結局ここまできてプロに頼むことになったわけだし...。運が良かった。

挑戦とリスク、挑戦の先にある経験。なかなか面白い体験だった。

一通りの手順を知ったあなたは、自分で交換する or プロにお任せする?

プロにお任せする場合は、水道救急センター

アドセンス

-ノウハウ

少しでも発見があったら、ポチッ!とお願いします。

最新情報をGET!

「フォローする」「いいね!」ボタンを押すと最新情報をすぐに確認できるようになります。