新しい富山の発見ブログ

とやま暮らし

富山の政治

砺波市議会議員選挙2017の立候補者と結果を一覧にしてまとめてみた。

2017/04/17

砺波市議会議員選挙2017の立候補者

議員定数18人に対して19人の立候補者が集まった南砺市議会議員選挙2017。

4/9(日)に告示日を迎えた。

投票日は、4/16(日)

富山市長選挙富山市議会議員選挙と同じ日程だ。

砺波市議会議員は、無投票で決定かと思われたが立候補者が19人となり選挙することになった。

どんな立候補者が出揃ったのか、ちょっと整理してまとめてみた。

砺波市議会議員選挙2017の投票結果

投票率:65.78%
投票総数:25987
任期:2017/4/31(月)〜

新人1名が落選。やはり砺波では、今まで通りの保守的な考え方が強いのか?

名前 党派 年齢 得票数
稲垣 修 無現 69 1965
山本 善郎 無現 61 1921.366
林 忠男 無現 69 1616
嶋村 信之 無現 75 1616
川辺 一彦 無現 59 1571
山田 順子 無現 67 1551
大楠 匡子 無現 57 1531
有若 隆 無現 67 1404
桜野 孝也 無現 46 1393
島崎 清孝 無現 66 1336
山森 文夫 無現 68 1319
開田 哲弘 無新 49 1308
境 欣吾 共元 62 1286.772
雨池 弘之 無現 69 1236
堺 武夫 無現 72 1183.227
今藤 久之 無現 60 1102
山本 篤史 無現 39 1096.633
川岸 勇 無現 69 1002
【↑ここまで当選】
宝田 実 無新 55 549

砺波市議会議員立候補者一覧

南砺市議会議員選挙2017の立候補者の年齢順リスト。

名前 党派 住所 年齢
山本 篤史 無現 宮森 39
桜野 孝也 無現 庄川町青島 46
開田 哲弘 無新 頼成 49
宝田 実 無新 苗加 55
大楠 匡子 無現 太田 57
川辺 一彦 無現 苗加 59
今藤 久之 無現 柳瀬 60
山本 善郎 無現 東中 61
境 欣吾 共元 大門 62
島崎 清孝 無現 秋元 66
有若 隆 無現 坪内 67
山田 順子 無現 鷹栖 67
山森 文夫 無現 庄川町三谷 68
川岸 勇 無現 宮森新 69
雨池 弘之 無現 庄川町金屋 69
稲垣 修 無現 本町 69
林 忠男 無現 千代 69
堺 武夫 無現 五郎丸 72
嶋村 信之 無現 高道 75

党派の略称の見方

無=無所属
共=日本共産党

選挙公報

入手できず...。

砺波市議会議員立候補者の分析

今回の富山市議会議員選挙の立候補者の平均年齢、現職・元職・新人の割合、党派の内訳などをちょっとまとめてみた。

砺波市議選立候補者の党派内訳

立候補者の党派を人数が多い順で整理してみた。

  • 無所属 18名
  • 日本共産党 1名

砺波市議会議員は、ほぼ全てが無所属。

ただこの無所属は、無所属保守派と言われていたりもするようで、議会で反対意見などもほぼ出ないという話も聞く。

砺波市議選立候補者の年齢

砺波市議会議員選挙2017の全立候補者の平均年齢は、
62.05歳!

最年少は、
39歳の山本篤史氏(無所属/現職)!

最年長は、
75歳の嶋村信之氏(無所属/現職)!

富山市議会議員選挙の平均年齢は56.65歳なので、砺波市は7歳も高いことになる。

最年長は75歳と富山市議会よりは低いが、半数以上が60大後半...

富山県の中心部から離れると仕方ない部分はあるのかもしれないが、議員が年配ばかりなると必然的にお金の使い方も年配向けになりやすいのではないだろうか?

砺波市議選立候補者の男女比

男 17名
女 2名

砺波市議会議員選挙2017の立候補者の女性の割合は10.5%だ。

富山市議会議員の女性の割合は13.7%なので、まぁそんなところなのだろう。

現職・新人・元職の内訳

・現職 16名
・新人 2名
・元職 1名

砺波市議会議員選挙2017に立候補する新人は、たったの2人!

会社でもそうだが、新しい風が吹かない組織は結構まずい。新人が20人もいる富山市議会議員選挙とはこの部分は大きく違う。

砺波市議会議員選挙の期日前投票

4/10(月)〜15(土)の期間は、次の2つの投票所で期日前投票を行うことができる。

(1)砺波市役所1号別館1階 第6会議室
(2)庄川支所2階会議室

期日前投票所一覧

※大きな地図で見たい場合は、右上の「」みたいなのをクリック!

期日前投票は、投票所入場券もしくは運転免許証など本人確認証があれば、住んでいる地区に関係なくどこの場所でも投票できるので楽だ。

まとめ

住みやすさランキングで全国3位など、上位に位置する砺波市。

現状は住んでいる人にしか分からないのだろうが、現在のままで良しとするのか?

議員定数ぴったりで無投票であれば、選挙にお金をかけずに済んだわけだ。選挙をしなくても、次も議員としてやっていけるのと、一人だけでも落ちる可能性があるのとでは全く違う。

現職の議員もあぐらをかいていることは、できなくなった。

自分の活動について考える機会ができるし、市民も改めて市政について考える機会ができる。今回選挙になったことで少し新しい風が吹くことは間違いない。

4/16(日)が投票日。

今までと全く変わらない道をたどるのか、ちょっとでも新しい方向へ向かうのか、砺波市民の選択の結果が見られる。

選挙費用以上の何かプラスがある選挙になればいい。

富山の選挙情報について知りたい人向け
富山の政治に関する記事一覧

アドセンス

-富山の政治
-

少しでも発見があったら、ポチッ!とお願いします。

最新情報をGET!

「フォローする」「いいね!」ボタンを押すと最新情報をすぐに確認できるようになります。