新しい富山の発見ブログ

とやま暮らし

蛭谷和紙

蛭谷和紙

2017/10/19

蛭谷和紙の製造工程と特徴、唯一の職人川原隆邦氏から感じた伝統産業の在り方。

蛭谷和紙(びるだんわし)は富山県下新川郡朝日町蛭谷で作られる。 蛭谷和紙の職人は現在、川原隆邦氏ただ一人。唯一の継承者「川原隆邦氏」が代表を務める川原製作所で、蛭谷和紙は製造される。 「びるだん和紙」って響きがなんとなくカッコよくて気になっていたのだが、今回見学に行けることになったので、調べてまとめてみた。 記事最後に、蛭谷の川原氏を取り上げた「明日への扉 | #007 和紙職人」というyoutube動画を添付した。この記事はその内容を織り込みながらまとめている。気になる方は、見てみてほしい。4本で20分 ...

蛭谷和紙づくり

2016/12/11

富山の蛭谷和紙づくり。蛭谷和紙職人、川原隆邦さんの解説つきで見学してきた。

『TOYAMA TABLE #5 蛭谷和紙のアートに触れてみよう』に参加してきた。 僕はなぜか「蛭谷(びるだん)」という響きになぜか惹かれて、これに参加する前に、蛭谷和紙の製造工程をネットで調べて『蛭谷和紙の製造工程と特徴』にまとめた。今回のものと合わせて目を通してほしい。より蛭谷和紙のことがわかるはずだ。 富山県中新川郡立山町虫谷にある川原製作所。世界で唯一の蛭谷和紙職人の川原隆邦さんから、実際に説明を受けながらその製造行程を見るのはめちゃくちゃ面白くて、ネットで調べたのとは深さが違った。 そして蛭谷和 ...

Copyright© とやま暮らし , 2018 All Rights Reserved.