使い方 ワードプレス

【エックスサーバーの独自SSL設定手順】WordPress開設時にしておこう!

【エックスサーバーの独自SSL設定手順】

セキュリティにもSEO的にも、独自SSLを設定しておかないとマイナス面が多い時代になった。

エックスサーバーであれば、独自SSLが無料で利用できてしかも設定もかなり簡単。

今からワードプレスを始める人は、後から意外と面倒になるので一番最初に設定しておこう!

独自SSLとは?設定するメリット

独自SSLというのは、簡単にいうとセキュリティを強固にすること。以前はそこまで採用されていませんでしたが、現在では当たり前のようになっています。

設定が完了すると
http://〜→https://〜という表示に変わります。

独自SSLの設定手順

設定手順は次の通り。大体5〜10分で設定できます。

  1. エックスサーバーで独自SSL設定
  2. ワードプレスのアドレスを変更
  3. http⇒httpsへのリダイレクト設定
  4. ちゃんとSSL化されたか確認

順番に設定方法を説明していきます。

エックスサーバーで独自SSL設定

この設定は、『エックスサーバーでWordPress開始!初心者でも60分で簡単開設』を読んだ人は終わっていますので、読み飛ばしても大丈夫です。確認のために読んでもらうと確実☆

エックスサーバーのサーバーパネルにログインしましょう。

エックスサーバーの独自SSL設定ページ

トップページ右上の「SSL設定」へ進みましょう!

追加した独自ドメインが表示されていて、独自SSLの欄は0個になっているはず(以前に登録したことがある場合は1個)です。

SSL化したいドメインの「選択する」ボタンを押しましょう。

エックスサーバーの独自SSL設定のドメイン画面

「現在、独自SSL設定はありません。」の表示があるはずです。

エックスサーバーの独自SSL設定の追加

上のタブを「独自SSL設定の追加」に切り替えましょう。

追加したいドメインが表示されるはずです。

「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」のチェックボックスは、チェックを入れてもどちらでもOK!

ドメイン右下の「確定」ボタンを押して、設定を確定させましょう。

エックスサーバーの独自SSL設定の追加完了

僕はCSR情報も入力してみました。

確定ボタンをポチッと押すと、この写真のように「SSL新規取得申請中です。しばらくお待ちください。」の表示が出ます

エックスサーバーの独自SSL設定の追加完了の確認

最後に独自SSL設定完了の確認をします。

このまま、上のタブを「SSL設定の一覧」に切り替え

先ほど登録した独自ドメイン「https://〜〜」のリンクがあるはずです。ちょっと押してみましょう。

エックスサーバーの独自SSL設定未完了

多分このような画面が表示されて、ちょっと焦るはずですw

でもこれでOKなので安心してください!

ワードプレスのアドレスを変更

WordPressの管理画面(「http://独自ドメイン/wp-admin/」もしくは「https://独自ドメイン/wp-admin/」)にログイン。

管理画面の「設定」>「一般」と進みましょう。

ワードプレスでhttp→httpsの設定

「WordPressアドレス(URL)」とサイトアドレス(URL)の欄。

アドレスの先頭部分を「http⇒https」に書き換えて、「変更を保存」をクリック!

これで完了です。

ここがポイント

この変更を保存すると、ワードプレスの管理画面から一度ログアウトさせられます。再度ログインしましょう!

http⇒httpsへのリダイレクト設定

最後はリダイレクトの設定です。

「http://〜〜」にアクセスがあっても、自動的に「https://〜〜」に飛ばす設定をします。

まずは、エックスサーバーのサーバーパネルにログインしましょう。

エックスサーバーのhtaccess編集

サーバーパネルの「.htaccess編集」をクリック。

エックスサーバーのhtaccess編集のドメイン

リダイレクトを設定したいドメインの「選択する」をクリック。

エックスサーバーのhtaccess編集の注意点

使用前のご注意をしっかり確認しよう!

ココに注意

htaccessはかなり重要なファイルでミスるとサイトが真っ白になります... 変更する前には必ず元のファイル内容をコピペしておきましょう!

エックスサーバーのhtaccess編集作業1

タブを切り替えて「htaccess編集」に。

おそらく初期は、下のようになっているはずです。

SetEnvIf Request_URI ".*" Ngx_Cache_NoCacheMode=off
SetEnvIf Request_URI ".*" Ngx_Cache_StaticMode

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

# END WordPress

上の2行は、エックスサーバーの「Xアクセラレータ」機能が追記したものです。
※「Xアクセラレータ」機能を設定していない人は表示されません。

ここに、次のコードを追記します。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

最終的には、次のようになります。

SetEnvIf Request_URI ".*" Ngx_Cache_NoCacheMode=off
SetEnvIf Request_URI ".*" Ngx_Cache_StaticMode

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

# END WordPress

この状態にして、右下の「htaccess編集する(確認)」をクリック。

さらに「htaccess編集する(確定)」をクリックして編集完了です。

リダイレクトがちゃんと設定されたか確認するために、「http://自分のドメイン」にアクセスしてみましょう。

「https://自分のドメイン」に自動的に切り替わるようなら成功。そうでない場合は、どこか間違っているので見直しましょう。

ちゃんとSSL化されたか確認

最後にSSL化されたか確認しましょう!

「https://自分のドメイン」にアクセスしてみてください。

ssl化に成功

Google Chromeで見た場合、SSL化に成功しているとアドレス欄に鍵マークが付きます。

ssl化に失敗

SSL化に失敗していると、このように「!マーク」が付き、「保護されていないい通信」とアラートが出ます。

どこか設定が間違っているので、見直しましょう。

ココに注意

※ブログで沢山記事を書いた後でのSSL化の場合は、写真やリンクのアドレスを変更しないとこのようなエラーが出ます。ワードプレス始めたての場合は、今回紹介した手順で進めれば無事SSL化されるはずです。

 

まとめ

SSL化の設定お疲れ様でした。

この記事で紹介したように、次の手順で設定すれば比較的簡単に設定できます。

  1. エックスサーバーで独自SSL設定
  2. ワードプレスのアドレスを変更
  3. http⇒httpsへのリダイレクト設定
  4. ちゃんとSSL化されたか確認

ワードプレスでブログを始めた人は、まず最初に設定しておいてください!

後からやろうと思うと、色々と面倒なことになりますので...。

WING(Affinger5)のバナー

-使い方, ワードプレス
-

Copyright© 田舎で副業&ビジネス , 2020 All Rights Reserved.