新しい富山の発見ブログ

とやま暮らし

ノウハウ 雑談

【子どもの絵本選びに困ったら】年齢にあった定期配送や無料ためし読みサービス☆

【子どもの絵本選びに困ったら】年齢にあった定期配送や無料ためし読みサービス☆

自分の子どもや友達の子どもに、どんな絵本をプレゼントすればいいか迷ったことはないだろうか?

自分が昔読んでた絵本をなんとか思い出してみる。ビレッジバンガードやネットで調べてみる。

でも、
自分の中の絵本の引き出しは少ないし、ネットの情報は「はらぺこあおむし」や「100万回生きたねこ」など有名な絵本ばかり。

ネットに載るほど有名な絵本は、人と被ったり、すでに持ってそうな気がしたりして、なかなか買いづらい。

さらに絵本のプレゼントって、自分のセンスがすごく出るので変な絵本はプレゼントできない...。

どうせプレゼントするなら「ゆうへいから貰った絵本めっちゃいい」って言われたいw

そう思って探していたら、「絵本定期配送」「絵本全ページ試し読み可能」という使えそうな2つのサービスを発見した!

絵本定期配送サービス

こどもの成長に合わせて月額1,000円(税別)&送料無料で毎月届く、絵本定期配送サービス。

子どもの年齢も選択できるので、成長の速度が早い未就学児ピッタリにチョイスされた絵本が送られてくる。

株式会社ワールドライブラリーは、海外の絵本を翻訳出版している出版社。現在約30カ国、95タイトル以上の絵本を保有しており、そのラインナップは今後どんどん増えていくだろう。

WORLDLIBRARY Personalのメリット

・プロがその歳の子どもに選んだ絵本
・買いに行かなくても選ばなくても、家に届く
・1000円以上の値段の本が届くこともある
・様々な国の絵本が届く
・普通の人が知らないような素敵な絵本
・1ヶ月から契約できる
・どんな絵本が届くかワクワクする

このような定期配送サービスって、大抵は年間契約とかなのだが、WORLDLIBRARY Personalは1ヶ月の契約も可能。とりあえず試しに使ってみるというもの、気軽にできる。

でも1番のメリットは、絵本選びのプロが世界の絵本の中から最適なものを選んで送ってくれるということだろう。多感な子どもの時期に、世界の絵本に触れられるということは、子どもの成長にとって大きなメリットになるはずだ。

配送予定の絵本をすでに持っている場合は、登録後のマイページないで操作すれば、代わりの絵本か1000円相当の図書券が送られてくる。これで絵本がカブる心配もなくなる。

さらに、送られてくる絵本は定価1200円や1700円くらいの物もあるようなので、普通に買うよりもお得感がかなりある。

WorldLibrary Personal

ORLDLIBRARY Personalのデメリット

年間契約による縛りなどもないので、デメリットと思えるところはほぼない!

あえていうなら、特定の絵本を選べないことだろうか。というか、絵本が確定しているならこのサービスはそもそも必要ないw

絵本全ページ試し読み可能

絵本児童書図鑑50,000タイトル以上、絵本グッズ約3,000アイテムを販売するサイト。

7,000冊以上が一部ためしよみ可能で、1,700冊以上が一冊丸ごと全ページためしよみすることができる。

絵本ナビのメリット

・1700冊が全ページ丸ごと試し読み可能

有名な絵本ならネットなどで、大まかなあらすじが分かるが、マイナーな絵本だとそうはいかない。

本屋さんで1冊1冊試し読みして選ぶというのも、時間がかかるし現実的じゃない。スマホさえあれば、事前に絵本を試し読みできるというのは、購入者の立場にとっては非常にありがたい。

PCやタブレットを使って、子どもに絵本を読ませる親はほぼいないだろう。だから、全ページ試し読み可能にしても、売り上げが下がる訳ではない。よく考えると当たり前だが、こんなサービスは今までなかったんじゃないだろうか?

そもそもネットで絵本を読もうという考え自体が、頭の中になかった。

絵本ナビのデメリット

絵本ナビも特に大きなデメリットはないのだが、全ページ試し読みするためには無料の会員登録が必要だということだろう。

会員登録は面倒だが、その分利用できるサービスも増える。例えば、絵本ナビポイントがたまったり、お気に入りの絵本や作家を登録できたりする。

これを使えば、良さそうな絵本や作家をピックアップしておいて、必要なときに購入するということもできる。会員登録後に購入すれば、ポイントが貯まるのもお得に絵本を購入できるので嬉しいポイントだ。

絵本ナビ

まとめ

昔は絵本を買うなんて思いもしなかったけど、ある程度の歳になるとそんな場面が訪れる。

自分がどんなのを読んでたかとか、親に聴いてみるのもいいかもね☆

ウチでは、「ぐりとぐら」とか「ねずみくん」「おさるのジョージ」なんかも読んでたなぁ。

-ノウハウ, 雑談

少しでも発見があったら、ポチッ!とお願いします。

最新情報をGET!

「フォローする」「いいね!」ボタンを押すと最新情報をすぐに確認できるようになります。