新しい富山の発見ブログ

とやま暮らし

雑談

LINEに送信取消機能!誤送信、誤爆も安心。もっと早く欲しかった...

LINEに送信取消機能!誤送信、誤爆も安心。

LINEでメッセージを送信してから、

違う人に送ってしまった...

まずいものが映った写真を送ってしまった...

間違ってグループLINEに送信してしまった...

誤送信、いわゆる誤爆をやってしまって、今の送信なしにして!!!!!

こんな経験、ほとんどの人があるんじゃないだろうか?

なんとLINEが、ついにその想いに答える機能を搭載してくれた♪

LINEの 送信取消機能とは?

LINEの送信取消機能を使用した画面

今回LINEに搭載された、「送信取消機能」は、送信してしまったメッセージを強制的に削除できる機能だ。

消したいメッセージを長押しすれば、「送信取消」コマンドが出てくるのでそれを実行すれば完了。

写真の通り、送ってしまったメッセージを取り消すことができている。

この機能は、本当に助かる!!

取り消すことができるのは、文字だけではない。

スタンプ、写真、動画、連絡先、リンクURL、位置情報、ボイスメッセージ、通話履歴なども取り消すことが可能。

1対1のやりとりだけではなく、グループLINEなどの複数人とのやり取りも取り消すことができる。

LINEの 送信取消機能の条件は?

LINEの送信取消機能の注意点

この送信取消機能で、過去のミスを全て取り消せるわけではないので注意が必要だ。

写真の通り、相手側のLINEバージョンによっては、メッセージが消えない可能性がある

最新バージョンのLINEであれば、「メッセージの送信を取り消しました」の文字と共に取り消すことができる。

誤爆に対する保険の意味も含めて、LINEを最新バージョンにしておくことをオススメする。

さらに、送信取消不可能な条件がもう一つある。

送信から24時間以上経過しているメッセージは、取消ができない。

今までやってきた昔の失敗を、過去に遡って消去することはできないのだ。

ミスによる誤爆に気づいた瞬間に消すのが普通。誤爆に24時間以上気がつかない場合はほぼないと思われるので、この条件はそこまで問題にならないだろう。

送信取消と削除の違い

LINEの送信取消と削除の違い

今までLINEメッセージの誤爆の失敗をしたことがある人ならば、「削除」のコマンドを実行したことがあるはずだ。

今回追加された「送信取消」と「削除」には、大きな違いがある。

「送信取消」は、自分の端末からも、相手の端末からもメッセージを削除できる。

これに対して、「削除」は自分の端末からは削除されるが、相手の端末にはなんの影響も与えない。

つまり自分の送信ミスが、相手からはずっと見えているという状態なのだ。

まとめ

LINEの送信取消の機能!

本当に長年欲しかった機能!

iPhoneだと、上に出てくる通知から返信しようとすると、結構違う人に誤送信してしまう...。

僕が最近やったミスだと、送っちゃダメな写真を友達に送った誤爆...

この機能を知ってから、取り消そうと思ったけど、すでに24時間経って他のでアウトだった...↓

もうちょっと早くこの機能が欲しかったぞ!

取消は可能だけど、取り消したことは相手には分かるので、なるべく誤送信のないように☆

-雑談

少しでも発見があったら、ポチッ!とお願いします。

最新情報をGET!

「フォローする」「いいね!」ボタンを押すと最新情報をすぐに確認できるようになります。