新しい富山の発見ブログ

とやま暮らし

富山関連作品(映画・漫画等)

細田守監督映画「未来のミライ」キャスト決定、豪華すぎ!!

2018/07/20

富山出身、細田守監督作品、映画『未来のミライ』

富山出身の細田守監督。

これまで「時をかける少女」「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」「バケモノの子」と、数々の名作を世に生み出してきた、富山が誇る映画監督。

その新作「未来のミライ」が2018年7月20日に公開される!

100%見に行くことは確実なのだが、富山県民として情報を発信して盛り上げていこうと思う。

豪華キャストが決定!

4/11についにキャストが決定した!

これは豪華すぎでしょ!!!まずます期待感が出てきた。星野源や麻生久美子が両親の役をやるって、なんだかちょっと時の流れを感じてしまう...。

くんちゃん
上白石萌歌(かみしらいし もか)

ミライちゃん
黒木華(くろき はな)

お父さん
星野源(ほしの げん)

お母さん
麻生久美子(あそう くみこ)

謎の男
吉原光男(よしはら みつお)

ばあば
宮崎美子(みやざき よしこ)

じいじ
役所広司(やくしょ こうじ)

青年
福山雅治(ふくやま まさはる)

オープニングテーマ&主題歌

未来のミライのオープニングテーマと主題歌は、あの山下達郎さんの書き下ろし。2曲を手がける。

細田守監督作品と山下達郎さんのタッグは、2009年の『サマーウォーズ』以来。山下達郎さんは、同じ監督と再度組むのも、2曲提供するのも初めての経験。

予告ではちょっと流れているんだけど、作品全体としてどんな曲で、どう作品を盛り上げてくれるのかとても気になる。

予告動画

未来のミライの予告動画。

トップの絵面は、時をかける少女を思わせる。予告の中では、ケモノかしているくんちゃんが描かれていたり、クイズっぽい演出や効果音も。「おおかみこども」「バケモノの子」や「サマーウォーズ」など、これまでの細田守作品の要素が少しずつ盛り込まれている印象を受けた。

どんな結末で、どんな気持ちにさせてくれるのだろう。

ストーリー

映画「未来のミライ」は、本来自分より小さいはずの妹が、未来から自分より大きくなってやってくるというお話。

藤子不二雄でいうところのSF(すこし不思議)な話だろうか。

細田監督作品は、「家族」が描かれる部分も多く、普段は気づきにくい感謝や繋がりに気づかせてくれる作品が多い。「未来のミライ」は「家族の愛」を多く感じさせてくれそう。ハンカチ必須な作品かも☆

とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。
ある日、甘えん坊のくんちゃんに、生まれたばかりの妹がやってきます。
両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。
そんな時、くんちゃんはその庭で自分のことを“お兄ちゃん”と呼ぶ、
未来からやってきた妹・ミライちゃんと出会います。
ミライちゃんに導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つくんちゃん。
それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。

待ち受ける見たこともない世界。
むかし王子だったと名乗る謎の男や幼い頃の母、
そして青年時代の曾祖父との不思議な出会い。
そこで初めて知る様々な「家族の愛」の形。
果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは?
ミライちゃんがやってきた本当の理由とは――

それは、時をこえるボクと家族の未来の物語。

細田監督のコメントがいい!

細田監督は、すごく身近にあるシンプルなテーマを映画作品にする。

コメントの中にある「最小のモチーフを用いて、最大のテーマを語り切りたい」という部分に、細田守監督ならではの軸のようなものが感じられる。

家一軒と庭ひとつ。
どこにでもあるたったひとつの家族を通して、
生命の大きな循環、人の生が織り成す巨大なループを描き出したい。
最小のモチーフを用いて、最大のテーマを語り切りたい。
エンターテインメントの作法を用いて、
新しい家族のための、新しい表現を拓きたい。
一見穏やかに見えて、
実は、大いなる野心を秘めた作品なのです。

細田守

引用:未来のミライHP

まとめ

細田守監督の映画『未来のミライ』

7/20(金)の公開が待ち遠しすぎる。今回は、豪華すぎるキャストが決定したけど、最終的にはどうなっていくのか!?

また、今までの細田守監督作品、全部見直そうかなw

-富山関連作品(映画・漫画等)
-

少しでも発見があったら、ポチッ!とお願いします。

最新情報をGET!

「フォローする」「いいね!」ボタンを押すと最新情報をすぐに確認できるようになります。