自然

【笠取の滝&まま子滝】富山県上市町の穴場観光スポットに行ってきた!

更新日:

【笠取の滝&まま子滝】富山県上市町の穴場観光スポットに行ってきた!

上市町に穴場の観光スポット「笠取の滝」と「まま子滝」があるって聞いたんだけど、どんなところなの?駐車場や実際の滝の様子を教えて!

こんな疑問を解決します!

 

友人に「なかなか良い観光スポットを発見したよ」と教えてもらって早速行ってきました!

富山県上市町にある2つの滝「笠取の滝」と「まま子滝」。

なかなかの穴場スポットなので、行ったことがない人も多いはず!
ねず太郎
ゆうへい
車でかなり近くまで行けるので、お手軽に涼しい滝を見ることができちゃう
称名滝はすごいけど、滝まで結構歩くしな...
たぬきち

上市町にある穴場の観光スポット「笠取の滝」と「まま子滝」の体験レポート!

SNSフォロー

笠取の滝&まま子滝

「笠取の滝」と「まま子滝」は、ほぼ同じ場所にあります。

「まま子滝」から車でちょっと上流に行ったところに「笠取の滝」があるので、どうせなら一緒に見るのがオススメ!

 

場所・アクセス

「笠取の滝」と「まま子滝」同じ道から行くのですが、場所がちょっと分かりにくいので気をつけてください。

Googleマップで「まま子滝」を検索すると出てくるのが次のマップ。

一見どこの道から行けばいいのか分からないと思いますが、南側「上市北馬場線」のクネっとした道の途中に入口があります。

住所:富山県中新川郡上市町釈泉寺

実際の入口は、次の場所です。

意外と大きなトラックなどが通る道なので気をつけましょう!

富山県上市町の「笠取の滝」「まま子滝」

上記の場所に、次のように「いっぺん寄っていかれよ」と書かれた看板があります。

車でのすれ違い不可な細道ですが、ここを進んでいきましょう!

ゆうへい
前から車が来ないように祈るw

富山県上市町の「笠取の滝」「まま子滝」の入口看板

まま子滝

富山県上市町の「まま子滝」の滝口

まずは最初に到着する「まま子滝」から紹介します!

 

由来

まま子滝には、いい話なのか悪い話なのか判断に困る由来となる昔話があります。

「まま子(継子)」は、配偶者が自分と結婚する前にもうけた子のことです
めえ助

結構長い昔話なので、気になる人は全文を表示して読んでみてください。

+ クリックで全文表示

むかし、むかしのことです。

釈泉寺の村に、高さ五~六メートルの小さな 滝がありました。

その村に、後ぞえの母親が一人いました。夫がなくなったあと、くらしがとてもまずしくて、たいへんでした。七つか八つで、にくまれざかりの先妻の子どもと、かわいいわが子は、ことあるごとに、けんかばかりの日ぐらしをしていました。

ついにある日、思いあまって、まま子である先妻の子を、山へつれて行き、小さな滝の滝つぼめがけて、投げすててしまいました。

「おっ母、おっ母、助けてくれぇ。」 と、なきさけぶ声をあとに、心をおににして、ふり切って家へ帰りました。

ところが、毎夜毎夜、ゆめの中に不動明王様がおこった眼をつり上げてあらわれ、「おまえは、なんという人非人(註 1)じゃ。義理のある子を、なぜすてたのか。」 と、宝剣をふりかざしながら、「おまえの命をどうしてくれよう。」 と、問いつめられるので、まま母は生きたここちもないありさまでした。

(ああ、これは正夢だ。)と、急いでまま子をつれもどしに出かけました。

なきつかれてなみだもかわき、すっかりやせほそって、ぐったりしている先妻の子のすがたを見て、思わずかけよってだきしめました。

子どもは、一目見るなり、「おっ母、おっ母。」と、なきすがりました。

「ゆるしておくれ。ゆるしておくれ。わしほど悪い母親はいない。」と、まま母は深く反省をしました。

不動明王様のおつげがなかったならば、三世に報いを受け(註 2)なければならないところであった、とおそれおののく心をひきしめて、不動明王様をおがみました。

すると、きょうの不動明王様のお顔は、きのうまでと打って変わって、えみをたたえた、やさしいお顔に変わっていました。ないてわびをいう、まま母のざんげが、不動明王様に通じたのでしょう。

その後、子どもらの健やかな成長を楽しみに、母親はせっせと働いたかいがあり、まま子も、「おっ母さん、おっ母さん。」と、仕事を手伝い、親孝行をして、"孝子の家"と言われるまでになりました。

その滝は、だれが言うともなく、"まま子滝"とよばれるようになりました。

(註 1)人非人=人の道にはずれたことをする人。ひとでなし。
(註 2)三世に報いを受ける=子、孫、曽孫の三代にわたって、悪事のし返しを受けること。

 

駐車場

富山県上市町の「まま子滝」の駐車場

まま子滝には、2台分の無料駐車場があります。

ここからもうちょっと登っていくと「笠取の滝」です。

ずっと細い道なので、対向車とのすれ違いはここでする形になるな
ねず太郎

 

まま子滝の様子

富山県上市町の「まま子滝」への道順1

駐車場から「まま子滝」までは、約250mです。

車が入れないようにする鎖の先へ歩いて進んでいきましょう!

富山県上市町の「まま子滝」への道順2

ちょっと進むとこのような道になります。

迷いそうですが、右側の車両通行禁止と道を進んでいきましょう!

富山県上市町の「まま子滝」への道順3

まま子滝まで210m」の看板にしたがって進みましょう!

案内看板がいくつもあるから分かりやすいわ☆
にゃあ子

富山県上市町の「まま子滝」への道順4

きちんと整備された道をもう少し歩きます。

富山県上市町の「まま子滝」への道順5

歩いて数分で到着です!

富山県上市町の「まま子滝」の三段滝のビュースポット

まずは、三段滝が見えるビュースポットへ。

富山県上市町の「まま子滝」の三段滝

まま子滝をちょっと離れたところから見られる場所なのですが、三段滝に見えるそうです。

ゆうへい
僕が行った時は木が多い繁っててよく分からんかったw

動画で見るとこんな感じです。

富山県上市町の「まま子滝」の階段

もう少し近くで見るために、階段を降りていきます。

ここの階段は結構段差があり、急なので足を滑らせないように気をつけましょう!

富山県上市町の「まま子滝」の洞窟

元々お地蔵さんがあったのかな?ちょっとした洞穴もあります。

富山県上市町の「まま子滝」

これが「まま子滝」。

右側の崖には、お地蔵さんもあります。

由来にある「継子」は、ここに投げ捨てられて数日生きてたってのが信じられん...
たぬきち

落差は17mですが、ほぼ垂直に水が落ちるので水しぶきや音がしっかりします。

まま子滝は、小さいですが苔に囲まれて涼しげな観光スポットです。

笠取の滝

富山県上市町の「笠取の滝」の滝壺

一番奥にある「笠取の滝」を紹介します。

 

由来

公募により決まった「笠取の滝」の由来を知っておくと、実際に見るときの楽しさが増します。

+ クリックして全文を読む

かつては極楽寺地内や池田模範堂の屋上からこの滝は見えたと言われています。

ところが昭和40年頃に山に杉が 植林されて、それが今ではすっかり大きくなり、滝は見えなくなりました。それでまぼろしの滝と言われているわけではなく、上流に堤を用いて水を貯えるため池があり、必要な時に耕作地へ水を送り出せるよう取水施設があります。
(ここから水がトンネル約75mの所に流れて滝口へ)
注:トンネルは手掘りです

台風や大雨などによる増水時に堤が破壊されないように、堤の一部を低くして許容量以上の水を早めに出す放流設備 も作られており(オーバーフローと呼ばれる)そこからオーバーした水が、滝の水量を多くします。

それがたまにしか見られないことでまぼろしの滝と言われているそうです。

昨年からこの滝を探して、是非皆さんにお見せしたいと、今年滝を整備して名前を公募しました。

その中から地権者と地元の人達で近くの地名から、「笠取の滝」に決定しました。

「笠取」は滝の上部の尾根の名前で、滝の近くに山城 の稲村城址があり、近くを通るときに城に向かっておじぎをするため、笠を取ったことにちなんだ説や、近くに早月 道があり、昔その道を歩いていた人に強風が吹き、笠が吹き飛ばされたことから地名がついている説などがある。

笠取の滝の看板設置や、草刈りして綺麗になった様子などをネットで紹介しているので、これも見ておくと味わいが増します。

▶︎笠取の滝(まぼろしの滝)の紹介

 

駐車場

富山県上市町の「笠取の滝」の駐車場

笠取の滝の駐車場は、MAX2~3台は停められるスペースがあります。

しかし、車の方向転換を考えると1~2台が限界かなぁといった感じです。

 

笠取の滝の様子

富山県上市町の「笠取の滝」の入口

先ほどの駐車場からすぐのところに、笠取の滝への入口があります。

200mとの表示がありますが、それよりも随分近くに感じました。

富山県上市町の「笠取の滝」の上り坂

一番最初だけ結構急な上り坂になってますが、安心してください。すぐ終わります。

富山県上市町の「笠取の滝」を遠くから見たところ

坂を登り終えて少し降りると、笠取の滝が遠目に見えます。

笠取の滝は遠くから見た方がキレイかもな...
たぬきち

富山県上市町の「笠取の滝」アップ

近くで見るとこのような感じです。

落差は三段で36m。結構高いところから落ちてきているので、近づくと全体を写真のフレームに納めるのが難しい!

「まま子滝」より落差はあるのですが、ずっと岩を伝って落ちてくるので水しぶきや音はあまりしません。

ゆうへい
落ち着いた滝って感じw

動画で見ると迫力がちょっと違います。

笠取の滝&まま子滝|注意点!

一つだけ注意点です。

恐怖を煽ることになるかもしれませんが、大事なことです。

笠取の滝、まま子滝があるのは山の中なので、熊が出る可能性があります。

ここ最近、川や平地にも出てくるからな...
たぬきち

可能性は分かりませんが、最低限の対策はしておいた方がいいでしょう。

熊鈴は1,000円くらいで買えるので、登山などする人は買っておいて損はないはずです。人が大勢いるところではうるさいので、消音機能がついている商品をオススメします。

万が一を考えると熊撃退スプレーも持っておきたいところですが、やはり高いので財布と相談してください。

まとめ

富山県上市町にある穴場の観光スポット「笠取の滝」と「まま子滝」を紹介しました!

ゆうへい
入り口が普通の人は入りづらい狭い道だから、富山県民でも知ってる人は少ない観光地のはず
確かにすれ違えない1本道を車で進むのは勇気いるよなw
たぬきち

でも人が少ないので、よほど運が悪くなければ対向車は来ないはず!

実際に1時間くらいいましたが、一人も出会いませんでした
めえ助

雪が降る冬場は怖いですが、夏場は涼しいし、緑が気持ちいいです。

気になった人はぜひ足を運んでみてください。

富山でも有名な観光スポット「称名滝」は片道30分くらい歩くので、規模感は違いますがここは手軽です。

ちゃんとすごい滝を見たい!って人は称名滝の記事を貼っておくので読んで見てね
ねず太郎

-自然
-,

おすすめの記事

【Amazon オーディブル感想レビュー】メリット・デメリット!半年利用して把握 1

Amazonオーディブルの利用を検෎ ...

【大阪屋ショップ 楽天Edyで5%還元】増税後1番お得な支払い方法を検証してみた! 2

スーパー大阪屋ショップで ...

【富山の日本酒・地酒・酒蔵まとめ】元蔵人おすすめの地酒4選!新旧全蔵マップ付 3

富山にはどんな酒蔵と日本% ...

【富山のお土産】実績で選ぶ ととやま売上ランキングTOP10! 4

富山県内の特産品や土産物 ...

Amazonプライム会員 9つの特典まとめ 5

次のどれかに当てはまる人 ...

【動画配信サービスおすすめ&比較】アニメや映画、ドラマを見るならどれがいいの? 6

新型コロナウイルスのせい ...

【Amazonプライムスチューデント】6ヶ月無料!大学&専門学生は利用しないと損! 7

今月もお金がピンチ...、あま& ...

© 2020 とやま暮らし