新しい富山の発見ブログ

とやま暮らし

富山について 雑談

富山暮らしと東京暮らしをして感じた「11個の富山の特徴」

2016/11/17

富山と東京

生まれは富山、大学で東京へ行き7年ほど暮らした後に富山に戻ってきた。

久しぶりに富山に帰ってきて暮らしてみると、やっぱり東京とは違うなぁと思うことが結構あったので、強く感じたものを11個あげてみた。

お金を使わない

富山では入ってくるお金も減ったが、出て行くお金も減った。

これはなぜかと考えてみると、付き合いの飲みが減ったのと着るものが変わったのが大きな原因なのではないかと思う。

東京暮らしのときは、電車通勤で友人も新宿・渋谷・池袋あたりに出てきている。もしくは帰りにそこを通る。

金曜日の夜なんかは誰かしら呑んでいて声がかかる。また上司なども「帰りに一杯行くか?」と突然声がかかる。電車通勤なのでいつでも呑めるのだ。特別な理由がないと断りづらい。

その頃の飲み代は大体5000円だったので、数回行っただけで結構な額になる。

もう一つの原因の着るものについては、周りがオシャレなものを着ていて、店にもオシャレなものがあふれている

嫌でも目に入るので、自然と欲しいものが増える。そしてオシャレなものは高い。

さらに東京は、お金を使う空気のようなものが漂っている。富山でいう山王祭りのような、大勢の人が賑わいお金を使っていると自分もなんだかウキウキしてお金を使ってしまうような感覚。それが常にある。

富山では、車通勤なのでオシャレな人や物が目に入ってくる機会は、自分で探しに行かない限りほとんどない。また入ってくるお金が減ったせいもあるのかわざわざ消費しに行こうという思いがあまりわいてこない。

水と魚とご飯が美味い

富山は食べ物が美味いとよく言われるが、県外に行くまでは当たり前すぎて全然感じなかった。

比較対象があって初めて、そのものの価値が見えてくる。

新米のご飯や刺身、水道水でさえ東京と比べると格段に美味しい。いや、正確には東京にも美味しいものがあふれているが高いお金を払わないと食べられない。

そして東京は、寿司で言えば「漬け」などのように工夫して美味くしているが、富山は食材そのものが美味い。

一度安い寿司屋に行ったのだが、それ以来、東京の寿司や刺身はお金を出して食べたいと思わなくなってしまった。富山は安い、いわゆる回転寿司でも十分美味い。

車への意識が高い

東京へ行く前、富山の周りの友達の多くは車に詳しかった。

富山では、富山の大学に進学すれば大体車を買ってもらえる。そのためかもしれないが、車への意識がすごく高いように感じる。

僕は全く興味がなかったのだが、東京から戻ってきてからはある程度の車は見ただけで会社と名前が言えるようになった

移動はほとんど車なので、車と接している時間が東京とは比べものにならないくらい長いせいかもしれない。

呑み会などでも「女子からどんな車乗っとるん?」という質問が来ることもある。偏見かもしれないが、いい車の名前を出しただけで多少モテるような気もする。そのために車を買う男もいると思う。偏見かもしれんけど…

初対面で呑むことがほぼない

初めましてがほぼない。

富山では合コンの場合は別だが、友人と呑むときに初対面の人が来ることはほぼない

東京で暮らしていたときは、それまで一緒に遊んでいた友人などがそのまま呑みにも来て、「初めまして」となることが頻繁にあったのだが、富山では記憶にない。

地元の呑み会などを企画しても、異様に誰が来るのか聞いてくる場合がある。

これは田舎の良さなのかもしれないが、知り合いとそれ以外の間の壁がかなり高い。例えば誰々の友達みたいな感じで繋がれば、えらい暖かく迎えてくれるのだが、全く知らない人に対しては異様に冷たかったりする

知り合いによく会う

富山では、大手ショッピングセンターなどを歩いていると誰かしら見かける。直接話しかけて来ない場合もあるが、後日「◯日、お前××におったやろ?」みたいな感じで聞かれる。

ドラッグストアの駐車場でも、細い路地を歩いて突然「何しとるん?」みたいな感じで声をかけられることもある。

東京では、「今日渋谷で遊んどるわ」「おー、俺も」「じゃあ会うかもな!」なんて友達と話していても、実際に会うことなんてほとんどない。むしろお互いに探しあっても会えないこともある。

だから富山でなんかやらかすと、本当にすぐに広がる

山と海へよく行く

富山では、車で山や海に行くことがかなり増えた。

これは付き合う友人によるのかもしれないが、大体において冬はスキーかボードに行く友人がいるので誘われて一緒に行ったりする。

僕の住んでいるところからは、一番近いスキー場までは30分程で行ける。海へも大体20分で行ける。この近さが原因の一つでもある。

僕は釣りもやるのだが、夜暇だったら友達に声をかけて23時くらいから釣りに出かけることもある。これは時間を気にせず、車で行けるという点も大きい。

東京では、まず終電が常に頭の中にあるし、わざわざ海や山に行かなくても楽しい遊びや刺激的な場所は腐るほどある。もちろんそれにはお金がかかる。

富山では、とりあえず釣竿と餌代300円くらいあれば、半日以上は海で釣りを楽しめる。BBQなんかもセットさえ持っていれば2000円くらいで1日楽しめる。

東京では、BBQ施設を借りるのにも移動するのにもお金がかかるし、その後大体また呑みに行く。

本を読むことが減った

東京では、電車での通勤中にカバンに入れて持ってきた本を読む機会が多かった。

周りを見ても新聞を読んでいる人や本を読んでいる人が多い。スマホについては、東京も富山もそんなに変わらない。

これは、車通勤か電車通勤かの違いの他に通勤時間も関係している

東京では、大学時代は電車で20分くらいだったが、通勤では通勤に40分くらいかかっていた。これは近い方で、1時間以上の人も多くいる。隣の県から数時間かけて通っている人もいるくらいだ。

富山では、20分でも長いと感じる人が多いかもしれない。高校時代は電車で15分、歩いて10分かけて通っていたが、周りは大抵チャリ通だった。

通勤に関しては、渋滞さえなければ15分ほどで職場まで着く人が多いのではないかと思う。少なくとも東京のように1時間以上かけて通う人は稀だ。

車通勤では、とても読書はできない。特別に本を読む時間を作り出さなければ、読書の機会はない。社会人の年間読書数なんかは、車社会のところは当然少ないんだろうなぁと勝手に想像している。

エスカレーターで片側に寄らない

富山に戻ってきて、エスカレーターで違和感を感じることが結構多い。

エスカレーターを利用する場合、東京ではほぼ全員が左側によって、急ぐ人は右側を行くというのが、当たり前になっている。

富山では、右側にいたり、左側にいたり、真ん中にいたりする。ちょっと急いでいるときなんかはイラッとすることもあるが、それが当たり前なのだろうかどこうともしない。

エスカレーター上では歩いてはダメという人もいるだろうが、今回その話は置いておく。

これは富山が関西と関東のほぼ真ん中にあることも影響しているかもしれない。東京に行っていた人は左、関西に行っていた人は右、どこへも出たことがない人は真ん中みたいな。

そして、富山では電車に乗った時にリュックを下さない人がほとんどだ。降ろしてもらった方が、スペースが広く使えるし、たくさんの人が乗れるのに職員もほとんど注意しない。これが富山の当たり前なんだと思う。

ギャンブル好きが多い

富山の友人のほとんど(個人的な主観では7〜8割)がパチンコか何らかのギャンブルを嗜んでいる。パチンコ屋で友達と会うケースもある。パチンコ屋を覗くと高齢者もたくさんいる。みんな知り合いなのか、仲よさそうに話していたりする。東京では、若い人がやっているイメージだ。

これは田舎では娯楽や刺激が少ないからというのがあると思う。でもどう見ても金持ちには見えない高齢者が、これだけ頻繁に通っていて「そのお金はどこから出てくるんだ?」っていつも思う

いい人が多いわけではない

「田舎はいい人が多い」というがこれは、完全なイメージだと思う。富山は殺人事件などを大きな事件はほぼないが、悪い奴は結構いる。

良い悪いの判断基準は難しいが、暴走するやつもいるし、ゴミを平気でポイ捨てするやつもいるし、周りのことをまるで無視して運転する高齢者もいる。足を踏んでも、ぶつかっても謝らないやつもいる

「富山はいい人が多いから」なんて思ってくる人は、ちょっと考えた方がいいかもしれない。もちろんいい人は多いかもしれないが、それは東京でも一緒だ。ただそのときの目の前にいる人間が良いか悪いか次第で、田舎か都会かは関係ない。

近所付き合いが濃いわけではない

これも「田舎はいい人が多い」と似ていて、完全なイメージだと思う。

昔から住んでいる町内でも、もう隣に誰が住んでいるかすら分からないことも多い。すれ違っても誰か分からないこともある。

もちろん東京のように、県外からの一人暮らしばかりで「町内」という感覚すらないのと比べれば、富山は近所付き合いが濃いのかもしれない。

でも、イメージしているように毎回誰かがお裾分けを持ってきてくれる訳ではないし、調味料を借りにくる人なんているわけがない。

もしお裾分けがあるとしても、普通に仲の良い人にだけだ。それは、東京でも富山でも結局は一緒なのだと思う。

まとめ

富山暮らしと東京暮らしの比較。

普段の生活や感じ方なんて、100%その人次第。共感する部分や違う部分はもちろんあると思うが、これから富山暮らしをする人、東京へ出て行く人の参考に少しでもなれば嬉しい

富山暮らしをして分かった「たった1つの富山の良さ」

アドセンス

-富山について, 雑談

少しでも発見があったら、ポチッ!とお願いします。

最新情報をGET!

「フォローする」「いいね!」ボタンを押すと最新情報をすぐに確認できるようになります。