新しい富山の発見ブログ

とやま暮らし

ノウハウ

雪道はライブカメラで安全に!「雪みち富山アプリ」で道路情報を事前確認。

富山の冬を安全に

通勤路にどれくらい雪積もっとるんやろ?路面どんな状況やろ?どれくらい早く出勤すれば大丈夫かな?

雪国富山で暮らすサラリーマンなら、誰しもが思ったことがあるはずだ。

雪が降ってたら、車の雪下ろしもせんなんし、早めに出勤しないといけない。でも通勤路の除雪がどれくらいされているかとか、どれくらい渋滞が起きているかとかによって、通勤にかかる時間は全然違う。

できればなるべく長く寝ていたいし、家でゆっくりしたい。

そんなときに、事前に通勤路の状況がわかる方法がある。それがライブカメラだ。

富山のライブカメラ

ライブカメラとは、リアルタイムの映像をインターネットを利用して配信しているサイトのことだ。

実は富山県にも多数のライブカメラが整備されている。

例えば、以前記事にした『らいちょうバレーの山頂のライブカメラ』の他にも、河川の状況を映しているライブカメラ、室堂の状況を映しているライブカメラ、黒部ダムの状況を映しているライブカメラなどなど、本当に多数のライブカメラがある。

ライブカメラをチェックすると、リアルタイムの状況が映像で分かるので大変便利だ。

道路状況を伝えるライブカメラ

もちろん道路の状況を映しているライブカメラもある。

すごくざっと数えただけで、富山県内に60近くのカメラが設置されて道路の状況を、リアルタイムで発信している。

これをお出かけ前にチェックしておけば、大体の積雪や凍結、渋滞のリアルタイム情報がわかる。「出かけてみたら思ったより雪がひどくて大渋滞だった...」みたいなことがなくなる。

前もって「渋滞している」と思って行くのと、「空いてると思って出かけたら渋滞だった」では、精神的なショックが全然違う。

ぜひライブカメラをチェックしてほしい。のだが、1点厄介な点がある。

ライブカメラのサイトがめちゃくちゃ見づらいのだw

県や国のライブカメラは専門家が情報をとるためだけにあるのだろう、一般市民が使いやすく見やすいようなデザインにはなっていない。

でも、見やすいのがないかと探していたら見つけてしまった。

それが「雪みち富山」というアプリだ。

雪みち富山アプリとは

雪みち富山アプリのアイコン

富山県土木部道路課が、『富山県冬季道路情報』というサイトで、冬期間の道路交通の安全を確保するために様々な情報を発信している。

おそらく、その情報をより見やすくするために開発されたのが「雪みち富山アプリ」だ。

ちゃんとアンドロイド版とiOS版が用意されている。『富山県冬季道路情報』にダウンロード用のリンクボタンが用意されているので、そこからダウンロードしてみよう。

もしくは、AppStoreやGooglePlayで「雪みち富山」と入力して検索しても、しっかり出てくるので、そちらからダウンロードしても良い。

富山県が作ったアプリにしては、見やすいアプリだと思う。

雪みち富山アプリで得られる情報

雪みち富山アプリのトップ画像

「雪みち富山アプリ」は、単に富山の道路のリアルタイム映像が見られるだけのアプリではない。

冬の富山の交通を安全に保つために、場所ごとにリアルタイムの『積雪一覧』『路温一覧』『降雪予測』を見ることができる。

トップ画像の下部に、それぞれのサイトへのリンクボタンがあるだけなのだが、それぞれのサイトを登録しておくよりも、アプリを1つ入れておく方が簡単だ。

積雪や路面温度は、冬に車で出かけるなら是非とも知っておきたい情報だ。特に路面温度は、見た目では分からないのでデータとして場所ごとに一覧で見られるのはありがたい。

雪みち富山アプリの使い方

雪みち富山アプリの詳細図

トップ画面から、「エリア選択」ボタンを押して特定のエリアを選択すると、そのエリアの拡大図になる。

アイコンは4つあり、それぞれ次のような内容を表している。

雪だるま 積雪情報
温度計 凍結情報
カメラ(四角枠) カメラ情報
カメラ(丸枠) カメラ情報(国)

雪だるまのアイコン

雪みち富山アプリの積雪情報

その地点の積雪・降雪・気温が1時間ごとに24時間分表示される。

温度計のアイコン

雪みち富山アプリの路面情報

路面温度・気温が1時間ごとに24時間分表示される。

カメラ(四角枠)アイコン

富山県の道路ライブカメラ

その地点のライブ映像が即座に表示される。

カメラ(丸枠)アイコン

国の道路ライブカメラ

国の情報サイトに飛ばされる。写真のようにかなり見にくいのであんまりおすすめできない。

雪みち富山アプリの設定

雪みち富山アプリの設定

「設定」ボタンを押すと、それぞれのアイコンを表示するかどうかを設定できる。

起きに入り地点の気温や、積雪量を設定しておけば、通知してくれるような設定画面がある。しかし僕の場合は、設定しても何の通知もこなかった...w設定が何か間違っていたのかもしれない。

まとめ

路面温度や降雪情報の1時間おきのデータ。

ここまで詳しい情報を富山県が発信していたことを初めて知った。カメラもここまで多数設置されていることを全く知らなかった。

リアルタイムで現地のことがわかるライブカメラ、それを使いやすくするアプリ。

冬の富山で、事故など起こさず安全に車を運転するためには、ダウンロードしておいても損はないのではないだろうか?

アプリの存在もそうだが、県や国がやっていることは全然一般人まで落ちてこないことが多々ある。

便利な情報が一般庶民にしっかり伝わるような、そんな工夫が必要なのではないだろうか?そして庶民側も知ろうという意識がもっと必要なのかもしれない。

アドセンス

-ノウハウ

少しでも発見があったら、ポチッ!とお願いします。

最新情報をGET!

「フォローする」「いいね!」ボタンを押すと最新情報をすぐに確認できるようになります。