新しい富山の発見ブログ

とやま暮らし

富山の観光 富山の自然 富山のまとめ

ミシュランおすすめ、富山の観光地45地点!星3つはどこ?富山観光の参考に。

2017/10/03

ミシュランが選ぶ富山の観光地

ミシュランガイドといえば、美味しいお店を紹介していることで有名。

しかし今回、それだけでなくオススメの観光地の情報も提供していることを初めて知った。

それがミシュラン・グリーンガイド!

ミシュラン・グリーンガイドは、「好奇心あふれる旅行者たちが訪れる土地をよく理解し、充実した旅を楽しめるような情報」を掲載している。

そのミシュラン・グリーンガイドの富山WEB版なるものが、2017年9月28日に公開された。

ミシュランに認められた富山の観光地や観光施設を、ちょっとまとめてみた。

ミシュラン・グリーンガイド評価基準

ミシュラン・グリーンガイドの評価は、次の9つの基準によって判断されている。

1. 旅行者がその観光地を訪れた時に受ける第一印象
2. その場所の知名度
3. 文化財の豊かさ、レジャーの充実ぶり
4. ユネスコの世界遺産などの公的評価
5. 芸術品や史跡の固有の美術的価値
6. 美観
7. 作り物ではない本物としての魅力と調和
8. 旅行のしやすさと利便性(施設整備、アクセス、維持管理など)
9. 旅行者の受け入れの質

ミシュラン・グリーンガイドの星の意味

ミシュランガイドでも使われる星。ミシュラン・グリーンガイドでも、もちろん星の数ごとに意味がある。

星3つ★★★
わざわざ旅行する価値がある

星2つ★★
寄り道する価値がある

星1つ★
興味深い

ミシュラン・グリーンガイド富山WEB版

45地点を星の数が多い順に整理して、並べ替えてみた。

エリア 掲載地名(日本語) 評価 新規掲載
立山町 立山黒部アルペンルート ★★★ NEW
立山町 雪の大谷、室堂エリア ★★★ NEW
南砺市 五箇山 五箇山 ★★★  
高岡市 国宝瑞龍寺 ★★ NEW
立山町 黒部ダム ★★ NEW
富山市 富山市ガラス美術館 ★★ NEW
南砺市 五箇山 村上家住宅 ★★  
南砺市 五箇山 岩瀬家住宅 ★★  
南砺市 相倉 相倉 ★★  
南砺市 菅沼 菅沼 ★★  
朝日町 舟川べり NEW
朝日町 宮崎・境海岸(ヒスイ海岸) NEW
黒部市 宇奈月温泉 黒部峡谷鉄道 トロッコ電車 NEW
黒部市 宇奈月温泉 宇奈月温泉 NEW
高岡市 高岡市 NEW
高岡市 能作 NEW
高岡市 雨晴海岸 NEW
高岡市 金屋町 NEW
高岡市 高岡御車山会館 NEW
立山町 立山博物館 NEW
砺波市 庄川遊覧船 NEW
富山市 八尾地区 NEW
富山市 八尾曳山展示館 NEW
富山市 森記念秋水美術館 NEW
富山市 富山県美術館 NEW
南砺市 城端曳山会館 NEW
南砺市 瑞泉寺 NEW
南砺市 大牧温泉 NEW
朝日町 なないろKAN   NEW
射水市 新湊大橋   NEW
射水市 内川周辺   NEW
射水市 新湊きっときと市場   NEW
黒部市 宇奈月温泉 黒部峡谷セレネ美術館   NEW
黒部市 宇奈月温泉 黒部川電気記念館   NEW
黒部市 宇奈月温泉 とちの湯   NEW
黒部市 宇奈月温泉 湯めどころ宇奈月   NEW
砺波市 チューリップ四季彩館   NEW
富山市 富山市   NEW
富山市 富山県水墨美術館   NEW
富山市 池田屋安兵衛商店    NEW
富山市 富岩水上ライン   NEW
南砺市 八日町通り   NEW
南砺市 五箇山 五箇山和紙の里   NEW
南砺市 相倉 相倉民俗館    
南砺市 相倉 合掌造り民宿勇助   NEW

富山県で、「わざわざ旅行する価値がある」とされる星3つを獲得した観光地は3つ。

・立山黒部アルペンルート
・雪の大谷、室堂エリア
・五箇山

3つあるが、2つは立山。

アルペンルートと雪の大谷は、ほぼ同じ場所で雪があるかどうかの違いなので、実質2つだといってもいい。

立山の凄さは、富山県民としてもヒシヒシと感じる。富山駅や高岡駅などの中心地から2~3時間で標高2500mほどの山に、これほど手軽にアクセスできる都道府県はそうそうない。

登山をする人にとっては、日本百名山でもある立山の認知度はかなり高いのだ。

20mの雪の壁!?「雪の大谷」の行き方とおすすめ秘密スポット!

世界遺産に登録された五箇山の合掌造りも、全国的に有名。

ただし五箇山の合掌造りは、全てが一箇所に固まっている訳ではなく、こちらも立山同様に中心地からは遠い。

ミシュラン・グリーンガイド富山のまとめマップ

ミシュランに認められた富山の観光地。

富山の観光地の一覧表を見ているだけでは、いまいち地理感覚が掴めない。

富山県民である僕でも初めて聴く観光地もあるので、土地勘のない観光客の方はもっと分からないだろう。

そこで、ざっくりとした部分もあるのだが、Googleマップを使ってまとめてみた。

富山県の観光スポットの考察

上の地図を見てもらうと分かるが、富山県の観光地は、北陸新幹線の駅(富山駅、新高岡駅、黒部宇奈月温泉駅)の近くにはほとんどないのが分かる。

ミシュラン・グリーンガイド掲載の、富山市の中心街にある観光スポットは、そのほとんどが美術館だ。

富山県がアートに力を入れていることは分かるが、東京などの都会からの観光客にとってはそこまで魅力的ではないかもしれない。

県外にもアピールできるほどの、魅力的な富山の観光スポットは自然と歴史だ。

そのことは今回のミシュランガイドでも、立山や五箇山に星3つがつけられたことからも分かる。

そう考えると、富山をゆっくり観光しようとするなら、まる1日以上の滞在が必要だ。1泊2日でも、昼頃に到着して翌日の夕方には富山を出発したいという場合、立山や五箇山などの遠くの観光スポットを巡るのは難しい。

それに比べて同じ北陸の石川県金沢は、金沢城や21世紀美術館、茶屋町などの有名な観光地が、金沢駅から気軽にいける距離にある。

これが金沢に観光客が行きやすい要因の一つなのかもしれない。

富山〜金沢、どの交通手段が一番便利なのか?料金、時間などを比較考察してみた。

まとめ

ミシュランが飲食店だけでなく、観光地を星付けしているのを初めて知った。

ミシュランのように知名度がある組織に、富山県の観光スポットをリスト化してもらえるのはありがたい。

富山県民の僕でも、行ったことがないところが結構あった。

船でしか行けない大牧温泉へは、一度は行ってみたいなぁ。

アドセンス

-富山の観光, 富山の自然, 富山のまとめ
-,

少しでも発見があったら、ポチッ!とお願いします。

最新情報をGET!

「フォローする」「いいね!」ボタンを押すと最新情報をすぐに確認できるようになります。