富山の観光 富山の自然

【絶景】砺波平野の散居村の夕日。人気撮影スポットと穴場を紹介!

投稿日:

【絶景】砺波平野の散居村の夕焼け

富山県砺波市の散居村。教科書にも載っているほど有名なスポット。

砺波の散居村では、豊富な田んぼに水がはられ、その田んぼの水に夕陽が反射する絶景が見られる。

その絶景を写真におさめようと、撮影シーズンになるとカメラを片手に全国から多くの人が集結。大混雑となる。

今回は、砺波平野の散居村の夕日が見られるシーズン、時間帯、人気スポット、穴場スポットなどについてご紹介する。富山への観光を考えている人も、参考にしてもらえるとありがたい。

砺波平野の夕陽の撮影シーズン

砺波平野の田んぼに夕日が映る絶景は、いつも見られるわけではない。

田んぼに水が張っており、稲がまだ成長していない時期でないと夕陽が綺麗に反射しないからだ。

その時期は、4月の下旬から5月の2週目くらいまで

私が撮影しに行ったのは、2018年の4月29日だ。

絶景を見たい人や写真撮影を考えている人は、参考にしてほしい。もちろん自然が相手なので、天候の影響がかなり大きいので、その点もしっかり考慮しておこう。

砺波平野散居村の夕焼けが見える時間帯

撮影チャンスは夕暮れ。4月下旬頃の日の入りの時間帯は、18:40頃だ。

18:00くらいから、一番手前の田んぼに夕陽が反射しだし、それが徐々に奥に移動していって、最後には沈む。

【絶景】砺波平野の散居村の夕焼け

この写真を撮影したのが、18:02。

【絶景】砺波平野の散居村の夕焼け2

この写真の撮影時間は、18:12頃。

空と山の境で白く光っているのは、日本海だ。

【絶景】砺波平野の散居村の夕焼け4

これは、展望広場に場所を移動して撮った写真だが、18:39頃。

3枚の写真を見比べてもらうと、太陽の位置と散居村の田んぼに映った夕陽の場所の変化がよく分かる。

鉢伏山からの眺め

これは17:27の様子。軽く夕暮れっぽくはあるのだけど、田んぼには夕陽が全く映り込んでいない。

18時からの30分ほどが、砺波平野の夕焼けが一番綺麗に見える時間帯だ。

砺波散居村の撮影スポット紹介

砺波平野の絶景を見るためには、一応全体の展望スポットマップを頭に入れておいた方がいい。

散居村展望スポットマップ

散居村展望スポット

散居村展望スポットの看板を見て、実際に足を運んでみて分かったのは、主な展望スポットは次の3つということだ。

  • 散居村展望台
  • 展望広場
  • 鉢伏山頂

それぞれについて、詳しく見ていこう。

散居村展望台

砺波市の散居村展望台

砺波市の散居村展望台は、こんな建造物。山の中に、景色がよく見えるようにわざわざ建設されたものだ。

砺波市の散居村展望台の案内看板

いきなり展望台があるわけではなく、階段を100段くらい登ったところに建てられている。

砺波市の散居村展望台の駐車場

駐車場もしっかりと用意されている。

しかし、この写真からも分かる通り満車の可能性も高い。運よく誰かが移動したら、駐車できるという状況だ。

ちなみに、これは16:52の様子。夕焼けのベストタイムである18時の1時間前くらいから、このくらいの人が集まっている。

砺波市の散居村展望台の一番上

砺波市の散居村展望台の一番上は、25㎡ほどのスペースがあり、無料の双眼鏡も用意されている。

でも絶対に太陽を見ないように注意しよう!子どもがいる場合は特に注意!!失明しちゃうよ...。

この展望台のデメリットは、狭いってこと...。一番先頭で横に並べるのは5人くらい。しかも、気合いの入ったカメラマンは、写真のように三脚で場所取りをしているので、相当早く来ないとイイ場所は取れない。

展望広場

砺波市の展望台広場

展望広場は、散居村展望台とは違って、結構ひらけているので大勢の人が夕焼けを見られる。

ただしここもいい場所は、三脚で押さえられているのは変わらない。だが、この広場ではなく道路からも見られるので、ガチで最高の場所から撮りたい人でなければ問題ないだろう。

ちなみにこれは、17:03の状況。何時から場所取ってるのか聞けば良かったなぁ。

【絶景】砺波平野の散居村の夕焼け4

この写真は、帰り際の18:39に展望広場周辺の道路から撮った写真。

散居村展望台のように高さはないけれど、一般的にはこれだけ見えれば十分な気がする。

散居村広場の混み具合

砺波平野の絶景といえる夕焼けを見にくる人は、想像以上に多い!ビックリするレベル...。

砺波市の展望台広場前の車の混み具合

これは17:06の展望広場周辺の道路。

この時間帯であれば、展望広場まで徒歩1~2分の距離に駐車できる。

砺波市の展望台広場前のベストタイム時の車の混み具合

これは18:37の様子。

先ほどとあまり変化がないように見えるが、ここは展望広場から徒歩5分くらいの場所だ。それくらいの距離から展望広場まで、片側がずっと車で埋まってるほどの混み具合...。

砺波市の展望台広場前のベストタイム時の人の混み具合

これは18:38の展望広場すぐ横の様子。

めちゃくちゃ人がいる...w

さらに右側にも車が停まってる...。帰り際だったんだけど、この混み具合は正直ビックリした!

この時間帯は、前項目の夕陽の写真を見てもらっても分かる通り、夕陽が田んぼに映りこむベストな時間帯ではない。それにも関わらずこの混み具合...。

18時頃のベストタイム時は、もっとすごかったのだと予想できる...。

恐ろしいw

砺波散居村の夕陽撮影の穴場スポット

鉢伏山の展望台

人で一杯の中で見るのは嫌やって人には、今回僕が行った穴場スポット「鉢伏山(はちぶせやま)の展望台」をオススメする。

この写真は、18:22の様子。完全なベストタイムなのだが、これだけの人数しかいない。山の上で高い場所だし、これだけ空いてれば結構自由に写真を撮れる。

この記事のトップ画像などは、全てこの鉢伏山で撮影した。

鉢伏山が空いている理由

鉢伏山が、散居村展望台や展望広場に比べて空いているのにはワケがある。

それは、山だから!

綺麗な景色を見るためとはいえ、山に登ってまで見ようと思う人は少ない。だから空いてるw ここで紹介したとしても、ほとんど混まないでしょう、きっとw

でも、この鉢伏山。
山って名前が付いてるので最初から牽制されがちなんだけど、駐車場からは10~15分ほど歩くだけで到着する。その時間登るだけでも嫌って人は展望広場などに行けばいいのだが、僕はこれくらいの時間だったら意外と近いと感じるタイプだ。ここのハードルによって、穴場的なスポットになっている。

鉢伏山展望台の駐車場

鉢伏山展望台の駐車場

鉢伏山展望台にも、しっかりと駐車場が設置されている。

これは18:34の様子。8台しか駐車スペースがないのも、混まない理由なのかもしれない。でも、ここ以外にも路駐している人は結構いた。

鉢伏山展望台の駐車場の看板

駐車場の看板には、鉢伏山山頂展望台まで徒歩400mとの記載がある。

山頂までかかる時間から考えて、高さではなく道のりなんだと思うけど、400mの割には遠く感じた。登りだからかな...?

鉢伏山山頂の様子

夢の平スキー場のリフト、山頂駅

登ってみて初めてわかったんだけど、鉢伏山の山頂は夢の平スキー場の頂上と同じだ。

リフトで来れれば楽なんだけど、この時期はストップしている。日中は、せんだん山水仙そば祭りでリフトが稼働してる日もあるんだけど、18時過ぎまでここで待つのはしんどいし、車が置き去りになるのでリフトはオススメできない。

鉢伏明神社の説明看板

頂上には、鉢伏明神社の祈願絵馬についての立派でおしゃれな看板が立っている。

鉢伏明神社(はちぶせみょうじんしゃ)

その横には、三角の建物に格納された社が。

冬は雪が降るので、こんな三角の形になってるのだと思われる。

鉢伏明神社(はちぶせみょうじんしゃ)の鳥居

鳥居もちゃんとある。

鳥居と夕陽のコラボもなかなか綺麗だ。

【絶景】砺波平野の散居村の夕焼け3

鉢伏山から歩いて降りている時に見えた夕陽。

平野や田んぼは見えなかったけど、木と鉄塔と山とのコラボもなかなか綺麗だった。

スマホで撮影するときのコツ

僕は特にいいカメラを持ち歩いているわけではない...。

今回の写真は、全部iPhone Xで撮影した。一眼レフカメラと望遠レンズがあればもっと綺麗に撮影できるのだろうけど、持ち歩くのが大変だし、今のところ写真にそこまで興味がわいていない。

iPhone Xは、ある程度以上のクオリティの写真が撮れるし、動作もサクサクなので個人的には結構気に入っている。

僕みたいにとりあえずスマホで撮影したいって人も結構いると思うので、今回はスマホで夕陽を撮影してみて分かったコツなどを簡単に紹介しておく。

夕陽の明るい場所にピントを合わせる

スマホで撮影ミスした砺波平野の散居村の夕焼け

スマホで普通に撮影すると、こんな感じで夕陽がぼやけて広範囲におよぶ。

最初はこれがスマホの限界かと思っていたんだけど、ピントを変えることである程度解消できた。

【絶景】砺波平野の散居村の夕焼け

iPhoneの場合、夕陽の部分を指でタッチしてピントを合わせると、あれほどボヤけていた夕陽がここまでしっかり映る。

好みもあると思うけど、こっちの方が綺麗だよね?

あとは、可能であれば柵や柱などに腕を密着させて、できる限りスマホを固定して撮影するとより綺麗に映る。スマホ用のコンパクトな三脚などがあればもっといいんだけどね。

安いし、僕も買おうかな...。

リモコン付きの三脚でも、1000円強で買えるなら十分な気がしてきた。

まとめ

砺波平野の散居村の夕暮れ。田んぼに映る夕陽は、想像以上に綺麗だった。

それにも感動したが、それを見にくる人や写真撮影にくる人の多さにもビックリしたw 県外からも観光がてら来てんだろね。

薬師岳登山したときも思ったけど、富山県は街中より山に人がいるwww

でも富山の自然ってやっぱりいいな☆

砺波平野の夕焼けをまだ見に行ったことがない人は、この記事を参考に一度足を運んでみてね☆ 田んぼに夕陽が映り込む4月下旬〜5月上旬の時期が一番綺麗なんだろうけど、それ以外の季節も普通に綺麗だと思う。

今回の僕のように、せんだん山水仙そば祭りに行くついでに見に行くのも効率的でオススメ♪

-富山の観光, 富山の自然
-,

  • follow us in feedly
  • Follow Me

おすすめの記事

富山県の年間イベントスケジュール完全まとめ! 1

【富山 夏の花火大会まとめ2018】21地点の日程・開催場所マップ・打上げ数 【富山の夏休みイベント情報】おでかけの予定や計画の参考に! 富山県の年間イベントスケジュールを簡潔な一覧表に! イベントを ...

富山の日本酒 2

水がおいしい富山。必然的に日本酒もおいしい。 そのためどの日本酒銘柄も美味しくて正直ランキングしづらい・・・。 でも実際に日本酒作りに関わっていた僕なりのおすすめを3つにしぼってみた。僕は基本的にはす ...

【富山のお土産】実績で選ぶ ととやま売上ランキングTOP10! 3

「富山 土産」で検索しても、大手サイトの一般的な富山のお土産ランキングが表示されるだけ! そもそもどんな根拠で選んだランキングなのか? ただの主観なのか?も分からない。 ネットだから主観とかでも全然い ...

Amazonプライム会員 9つの特典まとめ 4

富山県はもちろんのこと、 全世界で「Amazon」の存在を知らない人はほとんどいない! といっても過言ではないほどの地名度を誇る「Amazon(アマゾン)」。 アメリカではAmazonが原因で潰れる店 ...

【動画視聴サイト比較まとめ】アニメや映画、ドラマを見るならどのサービス? 5

アニメや映画やドラマは、いつの時代も僕たちの時間を満たしてくれる。 GEOやTSUTAYAのようなレンタルショップは、低料金で名作を見られる素晴らしいサービスだと思う。 さらに今の時代は動画配信サービ ...

Copyright© とやま暮らし , 2018 All Rights Reserved.